植物科学分野

持続的発展が可能な社会の実現を目指した先端的な研究と教育が特徴です。

メディカル生物学分野

健康社会の実現を目的とした先端的な研究と教育が特徴です。

統合システム生物学

情報技術、ナノ技術、タンパク質科学等の新しい手法や考え方を導入して革新的な科学技術の創造を目的とした先端的な研究と教育が特徴です。

image

NAIST 研究・教育の特徴

※NAIST全体でのデータです。

数多くの若手研究者が挑戦し、活躍する大学

若手教員割合(40歳未満)は、全国立大学で 242.7 ※2017年~2019年の平均

世界レベルの研究成果の創出

  • 学術論文のTop10%論文割合は 14.8 ※世界平均10%、2019年
  • 国際会議論文のTop10%論文割合は 23.1 ※世界平均10%、2019年

国内トップレベルとなる活発な研究活動

教員1人当たりの学会発表と学術論文の発表数は、国内大学で 222.07件/人
※2015年~2020年に発表された学会発表論文と学術論文の合計数、THE World University Rankings 2019における国内大学との比較

国内トップレベルとなる外部研究費の獲得

  • 教員1人当たりの科学研究費助成事業の受入件数は、全国立大学で 30.869件/人 ※2017年~2019年の平均
  • 教員1人当たりの科学研究費助成事業の受入額は、全国立大学で 6位 約480万円/人 ※2017年~2019年の平均

授業について

授業の様子

教育プログラム

奈良先端科学技術大学院大学は2018年に1研究科となりました。これにより、

の4つの中から教育プログラムを選択することが可能になりました。

なお、研究室ごとに参加している教育プログラムが異なっていますが、いずれの教育プログラムも選択が可能です。入学後に配属される研究室の教員と相談のうえ決定します。教育の方針についてはこちら をご覧ください。

教育プログラム

授業の特徴

授業は少人数であることを生かしてアクティブラーニングを積極的に取り入れています。
また、これまで生物学を積極的に学んでこなかった学生にも配慮し、レベル別の授業を実施するなど、きめ細やかな対応を取っています。実際に開講されている授業は シラバスシステム から確認することができます。

その他、博士課程に進学する学生に対しては英語力の向上を目的に英語での授業や海外派遣、国際学生ワークショップ等も実施しています。全学生の4人に1人、博士課程の学生の2人に1人は留学生です。そのため、ほぼ全ての研究室に外国人留学生が複数名いますので、修士課程の学生であっても日常の研究生活において、自然と高い英語力が身につきます。実際、ほとんどの学生が卒業時にTOEICの点数が伸びています。

シラバスシステム

バイオ 留学生比率

%
バイオ領域全体(2021)
%
博士後期課程(2021)
%
の研究室に留学生が在籍(2021)

教員インタビュー

別所 教授
別所 教授 (遺伝子発現制御)
稲垣 教授
稲垣 教授 (神経システム生物学)
岡村 教授
岡村 教授 (RNA分子医科学)
末次 教授
末次 教授 (分子医学細胞生物学)
栗崎 教授
栗崎 教授 (幹細胞工学)
乾 教授
乾 教授 (微生物分子機能学)