入試日程

博士前期課程

高専推薦選抜
 
2021
6/7-9
  • 出願期間
    2021.4.12(月) - 4.16(金)
  • 選抜期間
    2021.6.7(月) - 6.9(水)
  • 出願期間
    2021.6.7(月) - 6.9(水)
  • 選抜期間
    2021.7.5(月) - 7.10(土)
春学期第2回
 
2021
10/12-14
  • 出願期間
    2021.9.13(月) - 9.15(水)
  • 選抜期間
    2021.10.12(火) - 10.14(木)
  • 出願期間
    2022.2.7(月) - 2.9(水)
  • 選抜期間
    2022.3.9(水)

博士後期課程

  • 出願期間 : 2021.7.26(月) - 7.28(水)
  • 選抜期間 : 2021.8.23(月) - 8.26(木)
  • 出願期間 : 2022.1.24(月) - 1.26(水)
  • 選抜期間 : 2022.2.21(月) - 2.22(火)

募集要項

入試Q&A

image

基礎知識問題の試験に加えて、出願時に提出された小論文の内容に沿って面接試験がおこなわれます。また、英語に関してはTOEICなどのスコアを提出していただきます。TOEICなどのスコアに有効期限や最低点は設けていません。

いいえ。本学では大学での専攻にとらわれずに、さまざまな分野からの学生を受け入れています。また入学試験でも、大学での専攻によって不利になることはありません。面接において、専門外(特にバイオサイエンス専攻)の方にわかるようにご自身の研究に関して重要なポイント(背景、目的・意義、手法、結果や期待される成果・展望など)を簡潔にご説明ください。また、入試面接では、バイオサイエンスに関する教科書的な基礎知識(エッセンシャル細胞生物学など)についても質問しますので、一定の準備はしてきてください。

卒業研究をおこなっていない場合には、バイオサイエンスについて自習したことについて書いてください。小論文に基づいて面接をおこないますので、自分が比較的よく理解していることについて書いてください。面接では、バイオサイエンスの基礎知識も問いますが、小論文の内容を題材として科学的に議論する能力や研究に対する意欲(本学に入学後に成長できそうか)をより重視して評価を行います。

本学に入学したら取り組んでみたい研究分野や課題について、本学のホームページなどを調べて書いてください。そう思うに至った経緯や理由なども添えてください。なお、入試成績優秀者の優先配属研究室や入学後の配属先研究室については、小論文とは関係なく、改めて研究室志望を伺った上で選考していきます。

書き方にお悩みの方は、希望する研究室の先生にいつでも見学会で相談したり、進学相談室で相談したりすることも可能です。また、学生募集説明会や、5月や2月のオープンキャンパスでは入試対策セミナーを行っておりますので、是非参考にしてください。

面接試験は、提出された2つの小論文(「これまでの修学内容について」と「本学において取り組みたい研究分野・課題について」)に基づいておこないます。小論文に書かれた卒業研究について、背景・目的(何がわかっていて何が重要な課題か)や手法(原理や妥当性)、予想される結果とその解釈、また研究の完成時に期待される成果などについて、よく理解していることが重要です。小論文に書かれた内容をもとに、科学的に説明・議論する能力や研究に対する意欲・熱意、また本学に入学後に成長できそうか等について評価します。

バイオサイエンス領域はこれまでにもさまざまな分野出身の学生を受け入れています。カリキュラムは分野外の方にも対応したものになっています。例えば、基礎科目では、基本的な知識からもう一度おさらいします。また、演習を10-15名程度の少人数クラスとして、討論を中心に進めていきますので、心配は無用です。農学生物工学医療系などの生物関連以外にも、天然物化学機械工学電気工学法学など多様な分野からの入学者が本学で無事に修了し、様々な分野で活躍されています。

博士前期(修士)課程(M1-M2)ではレベルに応じた英語授業の他、ネット教材を利用して、継続的にいつでも英語を自習できるシステムをもうけています。また、博士後期課程(D1-D3)では英語でのプレゼンテーションをおこなう機会も多く、外国人教員による個別指導も受けられます。定期的にTOEIC試験を実施し、学生の英語力を継続的に確認しています。また、様々な国から来られた留学生も多く、彼らと交流・議論することで実践的な英語スキルを高められる環境にあります。さらに、博士後期課程に進みますと、大学の旅費でD1全学生は数週間の海外滞在実習をおこないます(単位認定)。個々の学生のTOEIC成績により、研究主体のラボステイ(米国カリフォルニア州立大)か語学学校での英語研修のどちらかとなります。

過去問

小論文の指針

小論文の例をご覧ください。 小論文の例(word)

面接

面接試験は、提出された2つの小論文(「これまでの修学内容について」と「本学において取り組みたい研究分野・課題について」)に基づいておこないます。
小論文に書かれた卒業研究について、背景・目的(何がわかっていて何が重要な課題か)や手法(原理や妥当性)、予想される結果とその解釈、また研究の完成時に期待される成果などについて、よく理解していることが重要です。小論文に書かれた内容をもとに、科学的に説明・議論する能力や研究に対する意欲・熱意、また本学に入学後に成長できそうか等について評価します。

基礎学力(口頭)

  • セントラルドグマについて教えてください。
  • RNAスプライシングについて説明してもらえますか。
  • 真核生物と原核生物の細胞レベルでの違いを挙げてください。
  • 植物細胞と動物細胞の違いを挙げてください。

など、エッセンシャル細胞生物学に載っている基礎的な事柄についての問いかけおよび応募者の卒論研究(小論文に書かれた研究)に沿って基礎知識を問う形が中心です。例えば

  • PCRされていますが、その原理を教えてください。反応するときに何と何を入れますか?
  • ?の実験で?するためには、どんな点に注意すべきですか?

バイオの基礎知識も問いますが、その配点自体は低く、必ずしも全てに答えられる必要はありません。回答できる質問を糸口に科学的に議論できる力があるか、を重視して面談を行います。

英語

英語については、TOEICなどの点数(スコア)を提出していただきますので当日の試験はありません。特に足きり点など基準点は設けていません。TOEICなど英語スコアを未提出の場合、英語の配点は0点になりますが、配点が高い他の試験項目で高評価を得られれば十分に合格は可能です。TOEICなどの点数(スコア)を出願書類と一緒に同封することが難しい場合や、出願書類提出後に新たなスコアを取得した場合は、「TOEIC等スコア提出届出書」(本学所定様式)」に記載の試験回ごとに指定されたTOEIC等スコア提出期間【必着】までに原本とコピーを郵送してください。最後に提出した点数(スコア)を入試成績評価に利用します。

募集要項

学生募集要項(高等専門学校推薦選抜を除く)はダウンロード版のみで、冊子の配布は行っておりません。なお、出願書類については、電子ファイルをメールで送っても受理できません。書類を郵送してください。

募集要項

学生募集説明会

現在、COVID-19の状況により、オンラインで開催しております。
次回の開催は8月頃の予定です。

学生募集説明会