就職実績

2020年度

バイオサイエンス領域の研究室に所属する学生のデータです。

博士前期課程

就職率 100%(就職者/就職希望者)

バイオサイエンス領域の専門性や他領域(情報科学・物質創成科学)との融合性が産業界から評価され、製薬メーカーや食品メーカーをはじめ、化学メーカーやIT系企業、公的機関でOB・OGが活躍しています。

主な就職先

アクセンチュア(株)、伊藤ハム(株)、岩谷産業(株)、エーザイ(株)、NECソリューションイノベータ(株)、小野薬品工業(株)、(株)カネカ、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、サンヨー食品(株)、JCRファーマ(株)、大日本印刷(株)、奈良県庁、西日本電信電話(株)、日清オイリオグループ(株)、(株)ニップン、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構、(株)日立製作所、マイクロンメモリジャパン(株)、雪印種苗(株)、ロート製薬(株)

※その他(他大学院博士後期課程入学準備、日本語学校)

博士前期課程就職状況
博士後期課程就職状況

博士後期課程

高い専門性・研究力を活かし、製薬メーカーを中心とした企業の研究所やアカデミック分野でOBOGが活躍しています。

就職先

花王(株)、サンスター(株)、JCRファーマ(株)、生晃栄養薬品(株)、(株)ちとせ研究所、中外製薬(株)、ガジャマダ大学(インドネシア)

※その他(帰国2名、就職活動2名)

ポスドク

名古屋大学1名、奈良先端科学技術大学院大学6名

就職支援

キャリア支援室について
キャリア支援室について
キャリア支援の具体的な取組(イベント系)
キャリア支援の具体的な取組(イベント系)
キャリア支援の取組(日常支援系)
キャリア支援の取組(日常支援系)

キャリア支援室では就職ガイダンスや合同企業説明会の実施に加え、年間を通して個別のキャリア相談枠(1,500枠以上)を設けており、個々人の希望や状況に応じた就職支援を行っています。さらに、キャリア形成に役立つスキルアップセミナーや企業研究者を講師としたセミナーも実施しています。