在学生から届いたバイオサイエンス領域への要望に梅田領域長が答えます!

 

授業で資料の配布がないのでiPadにダウンロードして書き込んでいます。
講義室の各机に充電のためのコンセントを設置して欲しいです。

パソコンを必要とする講義・演習が増えてきているので、早急にコンセントの設置を検討します。

梅田領域長
 

各階に飲料水を補充できるスポットを作って欲しいです。
マイボトルを持参して、地球にも経済的にも優しい生活ができるようにして欲しいです。
NAISTマイボトルを販売するのもいかがでしょうか?

各階のリフレッシュコーナーは、その階に入っている研究室どうしで話し合って使い方を決めています。
水道の蛇口に浄水器を取り付けている階もありますので、ぜひ研究室単位で検討してください。
NAISTマイボトルの販売計画はありませんが、一人一人がSDGsを意識して生活して下さい。

梅田領域長
 

入学時のガイダンスで、中間審査はいつあるのか等、博士号取得までのスケジュールについて教えてほしいです。 去年はそういった説明がなく、バイオサマーキャンプや中間審査は直前で知ったので大変困りました。

入学時のガイダンスの内容は博士前期課程でのカリキュラム等を中心としています。博士後期課程での中間審査や博士号取得までのスケジュールについては、研究室配属後に指導教員とよくご相談下さい。バイオサマーキャンプや中間審査、学位審査等の連絡は1−2ヶ月前より行っています。バイオ事務室からのメールを見逃さないようにして下さい。一方、学位取得までのスケジュールについては行程表のような形でD1時にお渡しするか、来年度導入が予定されている新履修管理システムで利便性を高められるように改善していきます。

梅田領域長
 

卒業単位数が多く大変です。なんとかならないでしょうか。

卒業に必要な単位数は法令で定められていますので、頑張ってください!

梅田領域長
 

各授業が行われる期間を全体的にまとめて記載してほしいです。

現行のシラバスシステムでは、各教科ごと、または各月毎の日程しか表示できず、全体の予定がわかりづらいかもしれません。本学の時間割が週単位ではなく複雑になっていることが主因ですが、来年度導入が予定されている新履修管理システムで可能な限り利便性を高められるよう改善していきます。

梅田領域長
 

早く以前のようにリフレッシュコーナーでパーティーしたいです。

ワクチン接種が進んでコロナ渦が収まるまでもう少しかかります。辛抱強く待ちましょう。

梅田領域長
 

D棟かC棟の近くにバイクが止められる駐輪場があると便利だと思います。

バイオサイエンス棟の入口付近は、緊急車両や機器搬入車の駐車スペースとして常時空けておく必要があります。
入口付近のスペースは限られているため、自転車やバイクの駐車は禁止としています。

梅田領域長
 

入学してから1年間コロナ禍だったので、通年が分かりませんが、研究室以外の人とほとんど交流がないので、もっと交流する機会や場があるといいと思います。

他の分野の人からの意見や研究内容を知り、観点の多様化に努めたいです。

また、外部から博士後期課程に進学した学生が、内部進学した博士後期課程の学生と知り合う機会が少ないので作っていただけると嬉しいです。

コロナ禍での学生交流は、本学だけの問題ではなく、国内すべての大学の課題となっています。バイオサイエンス領域では、エッセンシャル講義のグループワークやPBLI, IIを通じて同級生同士の交流ができます。また、研究室配属後は、複数研究室による合同セミナー等を通して交流が盛んな研究室もありますので、指導教員と相談して、他研究室との交流を深められるようにお願いしてみてはどうでしょうか? 他領域の学生とは、サークル活動を通して友人を作ることも可能です。もちろん、無料で使えるアプリを使って、学生が自主的にオンラインでの交流の場を作ることもできると思います。バイオサイエンス領域からそうした場を提供することも検討しています。

NASURA