NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域

研究成果の紹介

器官発生工学研究室のJonathan Lim Jun-Yongさん(博士後期課程2年)が、Malaysia International Genetics Congressの「The First Prize Award for the Oral Presentation Competition in MiGC14」 を受賞

器官発生工学研究室のJonathan Lim Jun-Yongさん(博士後期課程2年)が、Malaysia International Genetics Congressの「The First Prize Award for the Oral Presentation Competition in MiGC14」 を受賞しました。

Malaysia International Genetics Congress:
https://migc-pgm.com/

受賞研究課題名

Investigation of CRISPR-Cas9 as a Novel Method to Generate Organ-Deficient Mouse Model

受賞のコメント

I would like to thank the organizing committee of the 14th Malaysia International Genetics Congress for presenting me with this prize. My deepest appreciation to my mentor Isotani-sensei and Yuri-san for your relentless guidance, and all members of Isotani lab for your constant support. I also thank God and my family members which played a big role in my research journey. I am very delighted to obtain this recognition as a part of my PhD program.

受賞内容

Jonathan Lim Jun-Yong君は、胚盤胞補完法に不可欠な臓器欠損モデルの作製をこれまでの遺伝子欠損とは異なり、標的の細胞死を誘導する方法で行おうとCrispr/Cas9システムに着目して検討を行いました。培養細胞では、うまく細胞死を誘導することができましたが、動物体内で作用させるには、まだ改良の余地があることが分かりました。コロナ禍の影響で、オンライン開催となりましたが、本研究内容を14th MALAYSIA INTERNATIONAL GENETICS CONGRESSにて口頭発表を行い、The First Prize Award for the Oral Presentation Competition in MiGC14を受賞しました。

【器官発生工学研究室】
研究室紹介ページ:https://bsw3.naist.jp/courses/courses214.html
研究室ホームページ:https://bsw3.naist.jp/isotani/

(2021年04月05日掲載)

一覧へ戻る