NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域

研究成果

クラリベイト・アナリティクス社発表の「Highly Cited Researchers 2020」に分子免疫制御研究室の河合太郎教授と植物二次代謝研究室の峠隆之准教授が選ばれました。

米クラリベイト・アナリティクス社が発表した「Highly Cited Researchers 2020」に分子免疫制御研究室の河合太郎教授と植物二次代謝研究室の峠隆之准教授が選ばれました。Highly Cited Researchersとは、世界中で引用された回数の多い論文の著者(上位1%)を21の研究分野ごとに選出したものです。 今年は、60を超える国と地域から、さまざまな分野で活躍する6,167名の研究者が高被引用論文著者に選ばれました。本学からは河合先生と峠先生の2名が、それぞれ免疫学(Immunology)と植物動物科学(Plant & Animal Science)の分野で選出されました。

この記事に関連するリンク
Highly Cited Researchers
分子免疫制御研究室
植物二次代謝研究室

(2020年11月19日掲載)

一覧へ戻る