NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域

研究成果

器官発生工学研究室のJonathan Lim Jun-Yongさん(博士後期課程1年)が第67回日本実験動物学会総会の「若手優秀発表賞 優秀賞」を受賞

器官発生工学研究室のJonathan Lim Jun-Yongさん(博士後期課程1年)が第67回日本実験動物学会総会の「若手優秀発表賞 優秀賞」受賞者に決定しました(令和2年6月10日)。コロナ禍の影響で、誌上開催となりましたが、日本実験動物学会の35歳以下の若手会員を対象とした、若手優秀発表賞の優秀賞を受賞しました。

一般社団法人日本実験動物学会ホームページ:
https://www.jalas.jp/

受賞研究課題名

Generation of organ-deficient mouse model through CRISPR/Cas9 system

受賞のコメント

I would like to thank the organizing committee of the 67th Annual Meeting of Japanese Association for Laboratory Animal Science for presenting me with this Young Scientist Award. My deepest appreciation to my mentor Isotani-sensei and Yuri-san, throughout the whole experimental process, and all members of Isotani lab. I also thank God and my family members which played a big role in my research journey. I am very pleased to receive this award and it has definitely boosted my motivation in conducting more high-quality scientific research for the benefit of mankind.

受賞内容

Jonathan Lim Jun-Yongさんは、動物体内で臓器を作る胚盤胞補完法に欠かせない臓器欠損モデルをCrispr/Cas9システムを用い遺伝子欠損とは異なる新たな手法の検討を行い、第67回日本実験動物学会総会にて発表を行いました。

【器官発生工学研究室】
研究室紹介ページ: https://bsw3.naist.jp/courses/courses214.html
研究室ホームページ: https://bsw3.naist.jp/isotani/

(2020年08月25日掲載)

一覧へ戻る