花発生分子遺伝学研究室
Plant Stem Cell Regulation and Floral Patterning

content ▼

Member

平成28年度

佐伯 健(平成28年度修士修了)

シキボウ株式会社 就職

自分の研究について

ずっと植物の研究をしたくて、奈良先端大を志望しました。その中でもエピジェネティックな遺伝子発現制御機構に興味を持ち、花発生分子遺伝学研究室を選択しました。
エピジェネティックな制御を行う変異体を用いる中で、植物の形態形成が、環境によってダイナミックに変化することに面白さを感じました。その中でも、植物が生きるために重要である、根の形態形成に強い興味を持ち、根の形態形成機構の解明を試みました。

先端大で印象に残ったこと、楽しかったことなど

この二年間辛い時もありましたが、本当に毎日楽しく過ごせたと思っています。それは、素晴らしいラボの仲間達と出会えたからだと思います。自分の事だけをするのではなく、仲間達と辛い事や楽しい事を共有し、切磋琢磨できた事が、一番楽しく思っています。

 

松原 聡(平成28年度修士修了)

住友ゴム工業 就職

自分の研究について

エピジェネティックな遺伝子の発現制御という観点から、植物の高温耐性に関する機構を解析する研究を行いました。この分野はまだ多くのことが分かっていませんが、注目度が高い分野だということもあり、自分が未知の分野に関して研究を行っている実感を持って研究に取り組むことができました。この研究室は、研究の進行に関して生徒の提案を大切にしてくださり、自分の意見をプログレスなどの場面で発しやすい雰囲気でした。ですので、先生のバックアップを受けながら、自ら主体性を持って研究を行うことができたと感じています。

先端大で印象に残ったこと、楽しかったこと

横のつながりが非常に大きな大学院だったと思います。奈良先端大に入学するまで、僕は大学院生というものに、「研究室にひたすらこもり、研究に励んでいる」というイメージを持っていました。人間関係も研究室内で完結するのではと思っていたのですが、この大学院はグループディスカッションなどで議論する授業が多く、同じ学年の生徒と交流する機会が多くありました。また、研究科内の行事も盛んで、ソフトボール大会などは研究室で参加し、とても楽しむことができました。イメージと違い、大学院生として幅広い交流を持てたことが、この大学院に進学して良かったと思える一番のポイントです。

 

平井 光(平成28年度修士修了)

森下仁丹株式会社 就職

研究テーマ

シロイヌナズナのアクセッションを用いた高温順化に働く遺伝子群の探索

内容

植物は一度高温にさらされると、その経験は数日から数週間ほど記憶され、同程度またはそれよりも少し高い温度にも耐えるようになる高温順化という現象を示します。高温に対して耐性を与えるためには、熱応答遺伝子群が働いて、高温によって傷ついたタンパク質を修復することがわかっています。一方、遺伝子発現が開始されるまでに時間がかかるような制御には、ヒストンの修飾などのエピジェネティックな遺伝子発現制御が重要である可能性が示唆されています。しかしながら、環境が劇的に変化する時にはどのような遺伝子群が環境情報の記憶において中心的な役割を果たすのかはわかっていません。私は自然環境において、環境の変動に対応できた個体だけが次世代に個体を残すことに成功し、獲得した生存戦略をゲノムに刻み込んでいると予想し、モデル植物であるシロイヌナズナが生育する地域の野外環境によって適応分化し、遺伝学的に固定した系統(アクセッション)を解析して、高温順化の能力の違いを評価しました。

楽しかった・印象に残った事

夏のキャンプやスポーツ大会など、ラボ全体で楽しめる行事がたくさんあって楽しかったです。あと、テーマが途中で変わり、実験を詰めたために右手の手首が腱鞘炎になってしまった事が印象に残っています。

最後に...

実験が行き詰まったり、失敗して落ち込んだりした時に同期のメンバーと食事をしながら研究について相談したり、アドバイスを受けることで実験の改善を行うことができました。後輩となる方々もいろんな人とディスカッションを行うことで、成功への糸口を見つけられるように頑張ってください。

PageTop