研究成果

研究成果

花発生分子遺伝学研究室の博士後期課程3年の大学院生Wu Jinfeng君の植物ホルモンアブシジン酸を介した環境応答シグナル系におけるヒストン脱メチル化酵素の役割を示した論文が2つの論文Plant, Cell & EnvironmentおよびPlant Signaling & Behaviorに報告されました。

花発生分子遺伝学研究室の博士後期課程3年の大学院生Wu Jinfeng君の植物ホルモンアブシジン酸を介した環境応答シグナル系におけるヒストン脱メチル化酵素の役割を示した論文が2つの論文Plant, Cell & EnvironmentおよびPlant Signaling & Behaviorに報告されました。それぞれ、種の発芽時と芽生え幼植物体の根の伸長時における植物の環境ストレスに応答したヒストン修飾の新しい制御機構が解明されました。乾燥などのストレスに強い植物への応用が期待されます。

Wu Jinfeng さんのコメント

My name is Jinfeng WU, from Plant Stem Cell Regulation and Floral Patterning laboratory. My supervisor is Prof. Toshiro ITO and my mentor is Dr. Nobutoshi YAMAGUCHI. I am working on JUMONJI-mediated histone demethylation in response to ABA during early seedling development. I am very happy that my works were published on Plant, Cell & Environment titled “Abscisic acid‐dependent histone demethylation during postgermination growth arrest in Arabidopsis”, and Plant Signaling & Behavior titled “Histone demethylases control root elongation in response to stress-signaling hormone abscisic acid”.

Plant, Cell & Environment
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pce.13547

Plant Signaling & Behavior
https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/15592324.2019.1604019

【花発生分子遺伝学研究室】
研究室紹介ページ:https://bsw3.naist.jp/courses/courses112.html
研究室ホームページ:https://bsw3.naist.jp/ito/

(2019年05月07日掲載)

一覧へ戻る