N.S. さん/修士課程1年

植物二次代謝研究室

  • 植物科学分野
  • 大学学部卒
  • 寮生
奈良先端大のバイオ領域を選んだ理由は何ですか?

自主性を尊重した指導の下、やりたい研究をできると思ったからです。
また、生命工学は専門外だったので、知識や技術を基礎から丁寧に教えてくれるという教育体制も自分に合っていると思いました。

バイオサイエンス領域のどんなところが良いですか?

国際経験のある先生方が多く、講義や研究活動を通じて基礎から丁寧に指導してくださるところが良いと思います。
先輩や同期も色々な分野から集まっているので、話していて楽しいです。
また、入学前からラボステイ等により研究環境を知ることができるところも魅力に感じていました。

どのような研究をしていますか?

植物の成分と遺伝子の関係を探ることにより、植物が環境にどう適応しているかを解明しようとしています。

研究室の雰囲気はどうですか?

教授陣がオープンでなんでも相談できます。留学生がいるので国際色豊かで、セミナーやスケジュール管理等は英語で行われています。

今後の目標を教えて下さい

様々なバックグラウンドの人と協力しながら研究を真剣に楽しむことです。そして、他者に指導できるような、確かな技術を身に着けることを目指しています。

NAIST周辺のおすすめスポットを教えて下さい!

デイリーヤマザキにある地元産野菜の売り場。

あなたの考える奈良先端でうまく生活するコツは?

自炊を楽しむことやキャンパスの鳥や花に詳しくなること。例えば青い羽が綺麗なイソヒヨドリはキャンパスによくいますが、珍しいですよね。

寮の住心地は?

単身寮はちょっと古いですが、部屋が広いです。学校まで徒歩3分なのが最高です!

「これは他の人が経験したことがないだろう」ということがあれば教えて下さい。

薬局薬剤師のアルバイトをやりながらNAISTの学生をやっています。
研究室と薬局の双方に理解して受け入れていただき、感謝しています。

こだわりを教えて下さい

寝る前に必ず本を開くこと。24時間開いているNAIST図書館もありがたく利用しています。

※掲載内容はインタビュー当時のものです。