H.K. さん/修士課程1年

幹細胞工学研究室

  • メディカル生物学分野
  • 大学学部卒
  • 寮生
奈良先端大のバイオ領域を選んだ理由は何ですか?

大学3年生のときに短期インターンシップに参加し、実際に多くの研究室で実験を体験しました。最先端の研究に触れられる面白さや、先生方の熱心なご指導に心惹かれ、入学を決めました。

バイオサイエンス領域のどんなところが良いですか?

他分野出身の学生を受け入れてくれるところです。様々なバックグランドを持った学生が集まっており、視野が広がります。

研究分野を変えてみてどうでしたか?

私は保健学科出身なので、バイオサイエンスのことは分からないことだらけです。丁寧に教えてくださる先生方や友達のおかげで、楽しく学べています。新たな分野への挑戦は不安も大きかったのですが、安心して研究できる環境が整っていると思います。

今後の目標を教えて下さい

粘り強く研究に取り組むことです。どのような結果になってもそれをきちんと分析し、納得して取り組みたいと思います。そして、大学院で培った知識や技術を今後の生活に生かしていけたらと思います。

あなたの考える奈良先端でうまく生活するコツは?

メリハリのある生活をすることです。研究をするときは集中し、お昼は友達と楽しくご飯を食べる。ときにはリフレッシュすることが大切だと思います。

寮の住心地は?

狭いですが、一人で生活するには案外十分な広さです。研究室まで徒歩8分なので、研究の合間に洗濯物を取り込みに帰ることができます。

「これは他の人が経験したことがないだろう」ということがあれば教えて下さい。

臨床検査技師免許を取得していることです。薬学部出身の人は何人も聞きますが、保健学科出身の人はかなり少ないので、レアだと思います。

※掲載内容はインタビュー当時のものです。