セミナー情報

セミナー情報

ライブイメージングで迫るシロイヌナズナ受精卵の極性化動態

演題 ライブイメージングで迫るシロイヌナズナ受精卵の極性化動態
講演者 植田 美那子 博士(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・特任講師)
使用言語 日本語
日時 平成29年10月6日(金曜日) 15:30~16:30
場所 D105
内容

多細胞生物は複雑な構造をもちますが、それらは全て受精卵という単一細胞に由来します。植物においても、受精卵は顕著な細胞極性をもち、その不等分裂によって、異なる発生運命をもつ娘細胞が生じます。この極性と分裂の方向性は成熟植物の頂端-基部軸に相当することから、受精卵の極性化は体軸形成の端緒だと考えられますが、受精卵がどのように極性化するかという動態や仕組みは現在でもほとんど分かっていません。
本セミナーでは、近年シロイヌナズナで確立された、受精卵の内部動態を詳細にライブイメージングする系を紹介します。この系を用いて、核や液胞などのオルガネラが極性化するダイナミックな動きが明らかになってきました。また、さまざまな阻害剤や変異体を用いた解析から、受精卵の極性化を制御する仕組みについても分かってきています。本セミナーでは、その最新の成果についても紹介します。

問合せ先 植物成長制御
梅田 正明 (mumeda@bs.naist.jp)

一覧へ戻る