セミナー情報

セミナー情報

高度不飽和脂肪酸と神経機能

演題 高度不飽和脂肪酸と神経機能
講演者 大隅 典子 教授(東北大学大学院医学系研究科 発生発達神経科学分野)
使用言語 日本語
日時 平成24年12月7日(金曜日) 11:00~12:00
場所 大講義室
内容
脳や神経系は脂質に富み、中でもアラキドン酸(ARA)やドコサヘキサエン酸(DHA)等の多価不飽和脂肪酸(PUFA)の含有量が多い。しかしながら、脳神経系の発生発達や維持におけるこれらのPUFAやその下流の脂肪酸シグナルの役割については、あまり研究が為されてこなかった。我々は、神経幹細胞から神経細胞が作られる神経新生というプロセスに着目し、高度不飽和脂肪酸(polyunsaturated fatty acids, PUFAs)およびその細胞内結合タンパク質(fatty acid binding proteins, Fabps)が神経新生に関わること、動物モデルにおいて、神経新生の低下が精神疾患の表現型に影響を与え、PUFAsの投与により表現型の改善が認められることを明らかにしてきた。逆にごく最近、我々はFabp7が加齢性難聴の発症を媒介することを見出した。本講演では栄養素として摂取されるPUFAsおよびその他の脂質の多様な作用について紹介する。
 
【参考文献】
Arai, Y., et al.: Role of Fabp7, a downstream gene of Pax6, in the maintenance of neuroepithelial cells during early embryonic development of the rat cortex.  J Neurosci.  25(42), 9752-9761, 2005.
Watanabe, A., et al.: Fabp7 maps to a quantitative trait locus for a schizophrenia endophenotype. PLos Biol. 5(11), e297, 2007.
Maekawa, M., et al.: Arachidonic acid drives postnatal neurogenesis and elicits a beneficial effect on prepulse inhibition, a biological trait of psychiatric illnesses. PLoS ONE. 4(4), e5085, 2009.
Sakayori, N., Maekawa, M., Numayama-Tsuruta, K., Katura, T., Moriya, T. and Osumi, N.: Distinctive effects of arachidonic acid and docosahexaenoic acid on neural stem/progenitor cells. Genes Cells, 16(7), 778-790, 2011.
Matsumata, M., Sakayori, N., Maekawa, M., Owada, Y., Yoshikawa, T. and Osumi, N.: The effects of Fabp7 and Fabp5 on postnatal hippocampal neurogenesis in the mouse. Stem Cells, 30(7), 1532-1543, 2012.
問合せ先 神経機能科学
塩坂 貞夫 (sshiosak@bs.naist.jp)

一覧へ戻る