イベント・ニュース

11月17日土曜日 バイオサイエンス研究科20周年祝賀会を開催しました。

2012年11月17日(土)、ミレニアムホールで研究科設置20周年を記念し祝賀会を開催しました。あいにくの空模様にも関わらず、教職員、在学生、修了生、研究科関係者など約300名の参加がありました。祝賀会は学術講演会、歴代教授によるスピーチ、修了生座談会、2012年山中伸弥本学栄誉教授ノーベル生理学・医学賞ご受賞関連企画の4部構成により行われました。会場に集まった参加者達は壇上の講演者達によるユーモアを交えた、時に熱く真剣なスピーチに聞き入っていました。

2012年度の文化勲章を受章された山田康之先生(本学名誉教授、元学長)および2012年秋の紫綬褒章を受章された島本功先生には、横田明穂研究科長よりお祝いに青バラの花束(花言葉:夢叶う)が贈呈されました。また、特別講演の京都大学iPS細胞研究所講師 高橋和利先生には、研究科同窓会を代表し駒井章治先生より、めざましい活躍をした修了生に贈呈される修了生栄誉賞(仮称)の賞状と副賞が手渡されました。

祝賀会終了後には大学会館食堂で祝賀記念パーティを開催しました。参加者達は懐かしい恩師や研究室メンバー、同窓生との再会を喜び、近況報告や思い出話に花を咲かせていました。

バイオサイエンス研究科20周年記念祝賀会

(2012年11月22日掲載)

一覧へ戻る