R.K. さん/博士課程1年

花発生分子遺伝学研究室

  • 植物科学分野
  • 大学学部卒
  • 寮生
奈良先端大のバイオ領域を選んだ理由は何ですか?

修士課程から新しいテーマを始めたかったため。研究費が潤沢で、また有名な先生方も多く、修士の2年間でも十分最先端の研究を行い、結果を出せると思ったから。

バイオサイエンス領域のどんなところが良いですか?

比較的女子が多いところ。
実験機器が十分にそろっていて、学生もたくさん使うことができるところ。
研究生活、学生生活の指導が手厚いところ。
棟がバス停から一番近いところ。

どのような研究をしていますか?

アブラナを使って、自家不和合性とそれに係る遺伝子間のエピジェネティックな優劣性制御機構の解析をしています。

研究分野を変えてみてどうでしたか?

分子遺伝学は学部でほとんど触れていなかったのですが、入学後の授業で基本を学ぶことができました。

研究室の雰囲気はどうですか?

先生方が素晴らしいおかげで、生徒たちもほのぼの仲良く、雰囲気はとても良いです。

あなたの考える奈良先端でうまく生活するコツは?

しようと思えば永遠に研究できますが(夜も休日も)、休める日はきちんと休んでメリハリをつけることです。

就活をやってみてどうでしたか?

良い人生経験になったのでやったことは後悔していないけれど、最初から博士課程への進学が視野にあるなら、就職せずにそのまま進学する方が色々と効率がよかったなと今は思います。
幸い所属研究室は就活への理解があったため、研究を気にすることなく就活に取り組めたし、終わった後はスムーズに研究活動を再開することができました。

※掲載内容はインタビュー当時のものです。