C.K. さん/修士課程1年

機能ゲノム医学研究室

  • メディカル生物学分野
  • 大学学部卒
  • 寮生
奈良先端大のバイオ領域を選んだ理由は何ですか?

一層研究に特化された環境がとても魅力的であったからです。

バイオサイエンス領域のどんなところが良いですか?

植物から動物まで、様々な領域の研究室を多数持ち備えており、学部生の頃に習得した基礎的な知識を、更に研究にどう活かすことが出来るかを深く考えられるような授業がセットで組み込まれている所です。大学院ならではの教わり方だと感じられました。

どのような研究をしていますか?

がん細胞における腫瘍特異的抗原の獲得

研究分野を変えてみてどうでしたか?

以前の研究も物凄く良い経験であって、その研究で大学院に進もうかと思ったのですが、やはり色んな分野に触れる事で、研究における考え方や知識が以前より倍増するように感じます。考え方の幅が広がるかと思います。

研究室の雰囲気はどうですか?

一人一人が懸命に取り組んでいますが、穏やかな雰囲気をも持ち備えています。

今後の目標を教えて下さい

どのような結果が得られるか分かりませんが、突き止められる限り、どんどん好奇心旺盛に今の研究を頑張る事です。そして、その過程で獲得した技術や知識を、今後の分子標的薬の開発や様々な治療への基礎研究に繋げられたらいいなと思います。

NAIST周辺のおすすめスポットを教えて下さい!

高山サイエンスタウンのアインシュタイン

あなたの考える奈良先端でうまく生活するコツは?

普段は楽しみながら一生懸命研究に励み、授業もこなし、ご飯の時間や休憩で同期の仲間と話したり楽しい時間を共有することかなと思っています。

「これは他の人が経験したことがないだろう」ということがあれば教えて下さい。

高校時代の部活終わりに、方面が転換して同じ区間を走り続けるモノレールで寝過ごして、目を覚ました時に乗車してからの経過時間を考えると区間を3周以上していたこと。

※掲載内容はインタビュー当時のものです。