NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域

研究室・教員

卒業生の声 - 拡がるNAIST遺伝子 -

楠本 正博 さん

就職先
動物衛生研究所 安全性研究チーム
修了年度
1995年度(修士) 生体高分子構造学

学生時代に聞いた言葉や教えていただいたことを、いつの間にか自分が言うようになりました。

楠本 正博さんの近況写真

私は1994年、大阪大学薬学部を卒業後バイオサイエンス研究科の第1期生として入学し、箱嶋敏雄教授の構造生物学研究室でタンパク質・核酸複合体の結晶構造解析を研究テーマとして、ご指導いただきました。博士前期課程を終え、1996年4月に東洋紡績(株)敦賀バイオ研究所に就職、2008年10月に(独)農研機構・動物衛生研究所に転職し、現在に至ります。

東洋紡では体外診断薬用酵素を開発する研究チームに配属され、NAISTで学んだ分子生物学や構造生物学などの知識を活かす・・・はずでした。ところが入社した1996年の夏、大阪府堺市をはじめ全国で腸管出血性大腸菌O157感染症が大流行し、患者数が1万人を超え社会問題になりました。研究所長の一声で、1年目の私がO157に関する研究開発を担当することになり、社内外の色々な方から教えを受けながら、学生時代に縁のなかった細菌学や臨床検査技術の習得、さらには企業における研究開発、製造、販売の流れを一から勉強し、市場調査から製品化までを無事に終えることができました。当時は「この先進国で大腸菌による死者が出るのか」と大変驚きましたが、いま思えば、これが私にとって研究者としてのスタートだったのかもしれません。東洋紡に在籍した11年半の間に基礎から応用まで様々な研究テーマを担当しましたが、それらの仕事と並行してO157ゲノムの多様化に興味を持って研究を続けていたところ、いつの間にかライフワークのようになってしまいました。

幸運なことに、動物衛生研究所に転職した際に研究テーマごと受け入れていただましたので、現在もO157ゲノムの多様化に関する研究を続けることができています。最近やっと、メジャー誌に成果を公開することができました(Nat. Commun. 2011, 2:152)。細々と続けてきた研究テーマが世間に認知されただけの段階ですが、継続の大切さを改めて実感しているところです。

私が学生だった当時の箱嶋教授の年齢を超えた今では、人にものを教える機会も自然と多くなりました。面白いことに、学生時代に箱嶋教授から聞いた言葉や教えていただいたことを、いつの間にか自分が言うようになりました。研究に必要なスキルはテーマ次第で変わってしまうことがありますが、NAISTではもっと研究者として基盤的なところから学んでいたんだな・・・と思い知らされる瞬間が年々増えています。今更ながら、私の学生時代に教員だった皆様に感謝するとともに、NAISTで学ぶことができて良かったと思っています。

【2011年09月掲載】

一覧へ戻る