入学後の研究活動や大学院教育を身近に感じていただくことを目的に、下記の要領で学生募集シンポジウムを開催します。
メインは、在学生による研究活動やラボ生活の紹介と、教員による研究成果のご紹介です。あわせて研究科の研究・教育や、入試の実施方法についても説明し、ご質問にお答えします。休憩時間には、教員や在校生とお話ししていただくこともできます。

事前の参加登録は不要です。会場は鹿が群れ遊ぶ奈良公園の中、大仏殿や春日大社からすぐのところにあります。早春の奈良観光もかねて、お気軽にご参加ください。

日時 2018年2月23日(金)
14:00~17:00
会場 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
別館会議室5・6 (本館から北へ約100m)>> アクセス
※バイオ塾参加者の皆さんは、大学から貸切バスで移動します

バイオ塾同時開催!

バイオ塾の詳細はこちら

プログラム

13:30 受付開始 ※途中の入室・退出も可能
14:00 開会の挨拶 / 橋本 隆 教授 ・ バイオサイエンス研究科長
14:05 バイオサイエンス領域の教育と研究について / 中島 敬二 教授
14:15 在校生による研究成果とラボ生活の紹介
「極小モータータンパク質のトランスフォーム」
古川 新 / 膜分子複合機能学研究室(塚崎研) 博士3年
「免疫と細胞死の関連について」
奥出 遥奈 / 分子免疫制御研究室(河合研) 修士2年
「花ができる仕組みの解明を目指して」
上村 祥 / 花発生分子遺伝学研究室(伊藤研) 修士2年
「DHA (ドコサヘキサエン酸) が神経細胞の成長を制御する仕組み」
苅田 憲人 / 神経システム生物学研究室 (稲垣研) 修士2年
14:55 休憩・懇談
15:20 教員による研究成果の紹介
「穀物に寄生する「魔女の草」の撲滅を目指して」
吉田 聡子 准教授 / 植物共生学研究室
「幹細胞の分化と疾患モデルへの応用」
栗崎 晃 教授 / 幹細胞工学研究室
「プラスチックを食べる微生物」
吉田 昭介 准教授 / 環境微生物学研究室
16:20 入試の実施方法について / 末次 志郎 教授
16:40 閉会の挨拶 / 河合 太郎 教授