イベント・ニュース

第16回梅園賞授賞式が開催されました

第16回梅園賞授賞式花発生分子遺伝学研究室助教、山口暢俊博士が第16回梅園賞を受賞しました。
8月22日、本学ミレニアムホールにおいて開催中のバイオサマーキャンプ2019の2日目のプログラムとして、第16回梅園賞の授賞式と記念講演が行われました。サマーキャンプの他の発表と同様に英語での発表となり、学外からの招聘者を含む多くの教員と学生が聴衆となりました。

第16回梅園賞授賞式梅園賞は、梅園基金の設立趣旨に沿って、熱気溢れる時期にバイオサイエンス研究に精進し、バイオサイエンス領域において優れた研究成果(論文発表)をあげた本学の助教あるいはポスドク研究員の1 名を顕彰するものです。過去において助教あるいはポスドクとして本学に在籍していた方も選考の対象としてします。対象者が研究の推進に中心的な役割を果たしたと認められる発表論文(2017年6月1日〜2019年5月31日の期間に査読付き国際学術誌に発表されたもの)の学術的価値とオリジナリティの高さに審査の重点が置かれています。受賞者には表彰状と副賞が授与されました。

第16回梅園賞受賞者 山口暢俊博士のコメント

第16回梅園賞授賞式この度は梅園賞という素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思います。受賞の対象となった研究は、奈良先端大で助教に就任してから開始したものです。転写因子の下流の遺伝子の同定と機能解析によって花が作られるメカニズムの一部を解明したことが高く評価され、大変嬉しく思っています。本研究をサポートしてくださった伊藤寿朗教授、そして一緒に研究を行った大学院生、共同研究者、技術補佐員らに深く感謝します。

受賞研究の発表内容(演題と要旨)

Floral meristem termination in Arabidopsis

In flowering plants, the switch from floral stem cell maintenance to gynoecium (female structure) formation is a critical developmental transition for reproductive success. In Arabidopsis thaliana, AGAMOUS (AG) terminates floral stem cell activities to trigger this transition. Although CRABS CLAW (CRC) is a direct target of AG, previous research has not identified any common targets. Here, we identified an auxin synthesis gene, YUCCA4 (YUC4) as a common direct target. Ectopic YUC4 expression partially rescues the indeterminate phenotype and cell wall defects that are caused by the crc mutation. The feed-forward YUC4 activation by AG and CRC directs a precise change in chromatin state for the shift from floral stem cell maintenance to gynoecium formation. We also showed that two auxin-related direct CRC targets, YUC4 and TORNADO2, cooperatively contribute to the termination of floral stem cell maintenance. This finding provides new insight into the CRC-mediated auxin homeostasis regulation for proper gynoecium formation.

(2019年09月13日掲載)

一覧へ戻る