研究成果

研究成果

バイオサイエンス研究科ストレス微生物科学研究室の吉田信行助教が奈良先端科学技術大学院大学支援財団の教育研究活動助成対象者に選ばれました。

 バイオサイエンス研究科ストレス微生物科学研究室の吉田信行助教が奈良先端科学技術大学院大学支援財団の教育研究活動助成対象者に選ばれました。本助成は、奈良先端科学技術大学院大学(以下「大学院大学」という。)で取り組む先端科学技術分野における先進的で独創的な優れた教育研究活動を支援することにより、大学院大学における研究成果の創出拡大および継続的な教育研究基盤の充実と、研究の将来を担う人材育成を目的としています。

助成受託コメント

 この度、奈良先端科学技術大学院大学支援財団の助成を頂くことになりました。本助成対象研究はまだ解決しなければならない問題が多く、外部資金を獲得することが難しい状況の中、支援財団からは過去何度か助成を頂き大変感謝しております。今回の助成も有益に活用し、本研究をまとめて行きたいと考えております。


助成受託研究テーマ

低エネルギー型炭酸固定系を有する微生物の機能解析〜CO2固定経路のまとめ〜

 本研究は自然界から単離した超低栄養性細菌のユニークなCO2固定経路に関するものです。私たちは極端な低栄養条件で生育できる微生物(低栄養性細菌)を自然界からスクリーニングしています。その中で、備蓄原油から単離した超低栄養性細菌Rhodococcus erythropolis N9T-4株は大気中のCO2を利用して生育できますが、既知の炭酸固定微生物にとって必要なエネルギーの添加を必要としません。そこで私たちはこのN9T-4株がこれまでにない低エネルギー型炭酸固定系を有していると予想し、研究を進めています。本助成研究は主としてメタボローム解析を用いて、N9T-4株のCO2固定経路を検証するものです。

関連論文
Yano, T., Yoshida, N., and Takagi, H.: Carbon monoxide utilization of an extremely oligotrophic bacterium, Rhodococcus erythropolis N9T-4. J. Biosci. Bioeng., in press (2012)
Ohhata, N., Yoshida, N., Egami, H., Katsuragi, T., Tani, Y., and Takagi, H.: An extremely oligotrophic bacterium, Rhodococcus erythropolis N9T-4 isolated from crude oil. J. Bacteriol., 189, 6824-6831 (2007)

(2012年05月17日掲載)

一覧へ戻る