Laboratory of Systems Neurobiology and Medicine

Research Projects

Invited talks

Invited talks

  1. Inagaki N, Mechanobiology of Actin-Driven Neuronal Network Formation, International Symposium on Actin Assembly for Intracellular Functions, February 20, 2020, Freiburg, Germany (See here)
  2. Inagaki N, Minegishi T., Abe K. and Baba K., Shootin1-Mediated Molecular Mechanics of Axon Guidance and Neuronal Migration, EMBO Workshop Emerging Concepts of the Neuronal Cytoskeleton, April 15, 2019, Villarrica, Chile
  3. Inagaki N, Molecular Mechanics of Axon Guidance and Neuronal Migration, Dorris Neuroscience Center Script Research Institute Seminar, Dec 7, 2018, SanDiego U.S.A
  4. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Navigation in the Brain, Frontier Bioorganization Forum 2017 Dynamical ordering and integrated functions of biomolecular systems, Apr 25, 2017, Taiwan
  5. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Outgrowth and Neuronal Network Formation, Colorado State University Seminar, Dec 8, 2016, Colorado U.S.A.
  6. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Outgrowth and Neuronal Network Formation, 7th Annual National Convention of Philippine Society for Developmental Biology, Oct 24, 2015, Manila (Plenary Lecture)
  7. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Outgrowth and Neuronal Network Formation, Lectures of Animal and Plant Development, Ateneo de Manila University, Oct 23, 2015, Manila.
  8. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Outgrowth and Neuronal Network Formation, Lecture in University of the Philippines Diliman, Oct 23, 2015, Manila.
  9. Inagaki N, Molecular Mechanism for Axon Outgrowth and Neuronal Network Formation, The 4th International Conference on Pharmacy and Advanced Pharmaceutical Sciences, Sep 8, 2015, Indonesia(Plenary Lecture)
  10. Sakumura Y, Inagaki N, Spontaneous symmetry breaking in neural morphology, Society for Industrial and Applied Mathematics Annual Meeting, June 7-11, 2014, Chicago.
  11. Inagaki N, Axon outgrowth and neuronal network formation, Indonesia University Seminar, May 8, 2014, Indonesia.
  12. Inagaki N, Axon outgrowth and neuronal network formation, University of Gajamada Seminar, May 7, 2014, Indonesia.
  13. Inagaki N, Molecular mechanics of axon outgrowth and guidance, UC Davis seminar, Oct 21, 2013, USA.
  14. Inagaki N, Mechano-systems biological analysis of neuronal polarity formation, ドイツ生化学分子生物学会(GBM)Perspectives in Molecular Neurobiology, September 13, 2012, Bochum, Germany (Keynote Lecture).
  15. Inagaki N, A quantitative description of neurite length-sensing and neurite outgrowth involved in neuronal symmetry breaking, 20th Annual Computational Neuroscience Meeting, July 27, 2011, Stockholm, Sweden.
  16. Inagaki N, A quantitative description of neurite length-sensing and neurite outgrowth involved in neuronal symmetry breaking, EMBO Conference on Systems Dynamics of Intracellular Communication, May 15-19, 2011, Engelberg, Switzerland.
  17. Inagaki N, Shootin 1:Novel protein for neuronal network formation in brain, NAIST Medical Seminar, October 1, 2007, Philadelphia, USA.
  18. Inagaki N, Mechanism of shootin1-induced neuronal polarization, Seminar in Yale University, September 12, 2006, USA.
  19. Inagaki N, Proteome analysis of proteins enriched in growing axons of the rat, Human Proteome Organization (HUPO) 3rd Annual World Congress, October 25-27, 2004, Beijing, China.
  20. Inagaki N, High resolution two-dimensional gel electrophoresis with huge gels, Proteomic Forum, September 14-17, 2003, Munich, Germany (Plenary session).
  21. Inagaki N, Analysis of the processes of neuronal network formation ; axon formation, growth cone guidance and signaling in dendritic spines, Seminar in Max-Planck-lnstitute for Neurobiology, 2001, Munich, Germany.
  22. Inagaki N, and Inagaki M., Intermediate filaments: regulation by phosphorylation, Gordon Research Conference for Intermediate Filaments, July 14-19, 1996, Plymouth, NH, USA.
  23. Inagaki N, Fukui, H., and Wada, H., Histamine H1- and H2-receprtors on astrocytes, 13th Meeting of the International Society for Neurochemistry, July 15-19, 1991, Sydney, Australia.
  24. 稲垣直之, 軸索ガイダンスとシナプス形成・可塑性のメカノバイオロジー, 第38回日本認知症学会学術集会シンポジウム「メカノメディスン・メカノバイオロジーを駆使した医学研究・臨床応用」, 2019年11月8日, 東京.
  25. 稲垣直之, Molecular Mechanics for Axon Guidance and Neuronal Migration, 遺伝研研究会「哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム」2018, 2018年12月21日, 三島市.
  26. 稲垣直之, 神経軸索ガイダンスと細胞移動のメカノバイオロジー, 特別講演, 植物細胞骨格研究会-Plant Cytoskeleton 2018-, 2018年11月13日, 生駒市.
  27. 稲垣直之, 軸索ガイダンスと細胞移動の分子メカニクス, 第1回ExCELLSシンポジウム, 2018年10月15日, 岡崎市.
  28. 稲垣直之, Shootin1: a Key Interface among Cytoskeleton, Adhesion, Cell Signaling and Force Generation for Neuronal Morphogenesis and Migration, Frontier Bioorganization Forum 2018年7月10日、岡崎市.
  29. 稲垣直之, 分子の自己組織化による細胞の形態形成, 特別企画講演 平衡から離れた系における生命分子及び人工分子の動的秩序形成, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月20日, 船橋市.
  30. 稲垣直之, Molecular Bases for Gradient Reading and Force Generation of the Axon Guidance、新領域「動的秩序と機能」第6回国際シンポジウム、2018年1月20日、東京.
  31. 稲垣直之, 細胞移動装置の前駆体としてのアクチン波について, 第2回秩序化分子システムワークショップ, 2017年12月25日, 奈良市.
  32. 稲垣直之, Molecular Mechanics of Neuronal Axon Guidance, 2017年度生命科学系学会合同年次大会シンポジウム, 2017年12月9日, 神戸市.
  33. 稲垣直之, 分子の集合・離脱が駆動する神経軸索ガイダンスの分子メカニクス, 第55回日本生物物理学会年会シンポジウム, 2017年9月19日, 熊本市.
  34. 稲垣直之, 新たな細胞内輸送機構Actin Waveと細胞形態形成、第69回日本細胞生物学会大会シンポジウム、2017年6月13日, 仙台市.
  35. 稲垣直之, 蛍光ライブイメージングと牽引力顕微鏡による神経軸索ガイダンス機構の解析, 第25回日本バイオイメージング学会学術集会シンポジウム, 2016年9月5日, 名古屋.
  36. 稲垣直之, タンパク質の集合・離脱と力の発生による神経軸索の伸長とガイダンスのメカニズム(基調講演), 次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム, 2016年12月19日, 東京.
  37. 稲垣直之, Molecular mechanics for axon outgrowth and navigation, The Rri-lateral NAIST-TLL-CU Joint Symposium 2016, 2016年3月, 奈良市.
  38. 稲垣直之, 軸索伸長・ガイダンスのメカニクス, 第6回神経科学と構造生物学の融合研究会, 2015年11月24日, 岡崎市.
  39. 稲垣直之, プロテオミクスを基盤とした神経細胞の軸索形成とガイダンスの解析, 日本電気泳動学会シンポジウム, 2014年10月25日, 横浜市.
  40. 稲垣直之, ゆらぐシグナルを利用した神経細胞の対称性の破れ, 東京大学複雑系生命システム研究センター講演会, 2014年7月19日, 東京.
  41. 稲垣直之, 生体分子素子の自己組織化による神経軸索の伸長と調節, 第 14 回日本蛋白質科学会シンポジウム, 2014年6月27日, 横浜市.
  42. 稲垣直之, Signal-force transduction in axon outgrowth and guidance, 第66 回日本細胞生物学会大会シンポジウム, 2014年6月11-13日, 奈良市.
  43. 稲垣直之, 神経極性形成と軸索伸長のメカノシステムバイオロジー, 理研シンポジウム「細胞システムの動態と論理IV」理化学研究所, 2014 年4月 3日, 埼玉.
  44. Inagaki N, Signal-force transduction in axon outgrowth and guidance, 生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現第2回国際シンポジウム, 2014年1月11日-12日、京都市.
  45. Inagaki N, Signal-force transduction in axon outgrowth, 日韓生体分子セミナー 実験とシミュレーション, 2013年11月25日, 愛知県岡崎市.
  46. 稲垣直之, 軸索伸長のためのシグナル-力変換機構, 第 51 回日本生物物理学会年会シンポジウム, 2013年10月29日, 京都市.
  47. 稲垣直之, 神経回路形成のしくみと疾患, 大阪難病研究財団記念講演, 2013年10月28日, 大阪.
  48. 稲垣直之, 生体分子素子の自己組織化による細胞の動的秩序形成, 生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現第1回公開シンポジウム, 2013年10月2日, 愛知県岡崎市.
  49. Inagaki N, Molecular mechanics of axon outgrowth and guidance, 遺伝研セミナー, 2013年9月3日, 三島.
  50. 稲垣直之, ゆらぐシグナルを利用した神経細胞の対称性の破れ, 国際高等研究所研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能への揺らぎとダイナミックネットワークの解明」第2 回研究会、2013 年8 月8 日、京都.
  51. 作村諭一、前野貴則、稲垣直之, 分子輸送の不規則性が神経形態を極性化する, 第 65回日本細胞生物学会大会シンポジウム, 2013年6月19日-21日, 愛知県名古屋市.
  52. 稲垣直之, 神経細胞の軸索形成と極性形成の分子機構の解析, 国際高等研究所研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能への揺らぎとダイナミックネットワークの解明」第1 回研究会、2013 年4 月21 日、京都.
  53. Inagaki N, Analysis of neuronal symmetry breaking by quantitative systems biology, The 23rd CDB Meeting, January 22-23, 2013, Kobe, Japan.
  54. Inagaki N, Toriyama, M., Regulation of mechanical force for axon outgrowth through phosphorylation of shootin1, 第35 回 日本神経科学大会シンポジウム「Progress in Neuronal Polarity 2012」, 2012 年9 月15 日, 名古屋.
  55. 稲垣直之, 「形づくりのしくみ」を神経細胞で解析する, 第52 回 生物物理若手の会夏の学校, 2012年9月2日, 支笏湖.
  56. 稲垣直之, 神経細胞の対称性の破れと極性形成のメカニズム, 形態形成セミナー 慶応義塾大学医学部, 2012年2月28日.
  57. 稲垣直之, 神経細胞の対称性の破れと極性形成のメカニズム, 大阪大学医学部セミナー, 2012年1月17日.
  58. 稲垣直之, プロテオミクスを基礎にした神経細胞が非対称性を獲得する機構の解析, 第62回 日本電気泳動学会シンポジウム「電気泳動を基礎にした臨床プロテオミクス最近の話題」, 2011 年11 月13 日, 横浜.
  59. Inagaki N, Analysis of neuronal symmetry breaking by quantitative systems biology, NAIST GCOE International Symposium, November 9, 2011, Nara.
  60. Inagaki N, A Positive feedback between neurite length-sensing and neurite outgrowth involved in euronal symmetry breaking, 第54 回 日本神経化学大会シンポジウム 「神経形態形成から機能へ-スペーシャルセルバイオロジーの観点から」, 2011 年9 月27 日、金沢.
  61. 稲垣直之, Shootin1 による軸索形成とリン酸化によるその制御, 第 84回 日本生化学会大会シンポジウム「突起生物学:細胞突起の共通基本原理と多彩な生理機能の解明」, 2011年9 月21 日, 京都.
  62. Inagaki N, Mechanism of neuronal polarization mediated by shootin and its roles in the brain, 第34 回 日本神経科学大会シンポジウム 「Dynamics of neuronal polarity formation and migration」, 2011 年9 月15 日, 横浜.
  63. 稲垣直之, プロテオミクスと数理解析から見えてきた神経細胞が極性を獲得する仕組み, 横浜市立大学医学部セミナー, 2011年8月11日.
  64. 稲垣直之, プロテオミクスと1分子計測から見えてきた神経細胞が軸索を伸ばす仕組み, バイオアカデミックフォーラム2011年7月1日,東京.
  65. 稲垣直之, 分子イメージングと数理解析から見えてきた神経細胞の形づくりのしくみ, 分子ナノテクノロジー第174委員会、2011年2月21日、奈良.
  66. Inagaki N, Generation of mechanical force for axon outgrowth by the molecular clutch mechanism, 第33回 日本分子生物学会・第83回 日本生化学会合同大会シンポジウム, December11 2010.
  67. 稲垣直之, プロテオミクスと 1 分子計測から見えてきた神経細胞が軸索を伸ばすしくみ2010年2月22日, 産学連携フォーラム, 大阪.
  68. 稲垣直之, 神経細胞の対称性の破れに関与するポジティヴフィードバックループ, 第 82回 日本生化学会大会シンポジウム,2009年10月21-24日、神戸.
  69. 稲垣直之, プロテオミクスと数理解析から見えてきた神経細胞が極性を獲得する仕組み,第56 回日本生化学会近畿支部会モーニングレクチャ―,2009年7月,大阪.
  70. 稲垣直之, 神経細胞が対称性を破って極性を獲得する仕組み、東京大学理学部セミナー, 2009年1月15日.
  71. 稲垣直之, A neurite-length sensing system involved in neuronal symmetry breaking, 第31回日本分子生物学会・第 81回 日本生化学会合同大会シンポジウム,2008 年12 月 9-12 日,神戸.
  72. 稲垣直之, 一分子計測と光ピンセットで調べる神経が突起を伸ばすしくみ, シンポジウム (主催 NAIST 植物科学研究教育推進事業)視る生物学3 ―イメージングの挑戦―,2008 年11 月14 日,奈良.
  73. 54. 島田忠之, 鳥山道則,上口裕之,杉浦忠男,渡邊直樹, 稲垣直之, Shootin1 は成長円錐のアクチンフィラメント求心性流動と細胞接着分子 L1-CAM とを連結することによって神経軸索伸長を促進する, 第 60 回日本細胞生物学会大会ミニシンポジウム細胞突起の形成と発達のメカニズム,2008 年6 月29 日-7 月 1 日,横浜.
  74. 55. 稲垣直之, 鳥山道則, 島田忠之, 神経細胞の対称性破壊と非対称性獲得の原理の解明, 「神経系の動作原理の解明のための実験と理論の融合をめざすワークショップ」2008 年 2 月15 日、東京.
  75. Inagaki N, Neuronal symmetry breaking and polarity formation by novel proteins shootin1 and singar1, NAIST GCOE International Symposium on developmental Biology, January 15-16, 2008, Nara .
  76. 稲垣直之, 鳥山道則, 島田忠之, 森達也, 新規タンパク質Shootin1 とSingar1 による神経極性形成の制御、第30回 日本分子生物学会・第80回 日本生化学会合同大会ワークショ ップ、From shape to function:ニューロンの形態形成と可塑性を司る分子基盤、2007 年12月14 日、横浜.
  77. 稲垣直之, 神経細胞が対称性を破壊して極性を獲得するしくみの解析、大阪大学大学院生命機能研究科セミナー, 2007年10月22日.
  78. 稲垣直之, 神経細胞が極性を獲得するしくみの解析、関西医科大学大学院医学研究科セミナー, 2007年9月21日.
  79. 稲垣直之, プロテオミクスを用いた脳神経回路網形成の分子機構の解析, 第57回 日本電気泳動学会シンポジウム, 2007年6月22日,神奈川.
  80. 稲垣直之、神経軸索形成の分子機構について:軸索障害治療の可能性, 第188回 医薬ライセシング協会講演, 2007年4月18日, 東京.
  81. Inagaki N, Mechanism of axon outgrowth and neuronal polarization, 5th Systems Neurobiology Spring School (SNSS), March 8-11, 2007, Osaka .
  82. 稲垣直之, Shootin1 分子の神経軸索の再生医療への応用、第17回 近畿バイオインダストリー振興会議技術シーズ公開会, 2006年11月24日.
  83. 稲垣直之, 神経細胞が対称性を壊して極性を獲得するしくみの解析, 名古屋大学大学院理学研究科セミナー, 2006年10月3日,名古屋.
  84. 稲垣直之, 神経細胞の軸索形成を担う分子の同定と機能解析, 札幌医科大学セミナー, 2006年8 月23 日.
  85. 稲垣直之, 神経細胞が対称性を壊して極性を獲得するしくみの解析, 大阪バイオサイエンス研究所セミナー, 2006年5月9日.
  86. 稲垣直之, 巨大ゲル2次元電気泳動法を用いた神経極性形成分子の同定と機能解析, 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第3回大会シンポジウム, 2005,横浜.
  87. Inagaki N, Highly sensitive proteomics with large gel 2-DE, 大規模解析シンポジウム, 2005年1月27日.
  88. 稲垣直之, 高感度プロテオミクスを用いた神経極性形成因子の同定および機能解析, かずさDNA 研究所講演会、2004年2月27日.
  89. 稲垣直之, 神経細胞の極性形成の分子メカニズム, 特定領域「神経回路」シンポジウム, 2003年1月29日,東京.
  90. Inagaki N, High resolution two-dimensional gel electrophoresis for proteomics, NAIST Bio-COE International Symposium, January 16, 2003, Nara .
  91. Inagaki N, Analysis of the mechanisms of neuronal network formation : Polarity formation and axon guidance, 1st NAIST-IMA Joint Symposium, March 11, 2002, Nara.
  92. 稲垣直之, 高解像ラージゲルを用いた二次元電気泳動法による細胞内発現タンパク質の網羅的検出, 第52 回 日本電気泳動学会シンポジウム「プロテオミクスの最前線」, 2020,東京.
  93. 稲垣直之, 神経軸索と神経極性形成のメカニズム, 第6回「神経科学領域における分子モニタリング」シンポジウム, 松山(2001).
  94. 稲垣直之, 貝淵弘三, CRMP-2 による神経細胞の軸索形成およびガイダンス機構, 第 74回 日本生化学会大会シンポジウム, 京都(2001).
  95. 稲垣直之, 貝淵弘三, CRMP-2による神経回路網形成機構, 第73 回 日本生化学会大会シンポジウム「神経回路網形成の分子基盤」, 2000年10月, 横浜.
  96. Inagaki N, Kaibuchi K., Roles of CRMP-2 in axon formation and axon guidance, 第23回 日本神経科学会シンポジウム, 2000年9月, 横浜.
  97. 稲垣直之, 貝淵弘三, Rho-キナーゼの脳内気質タンパク質CRMP-2による神経回路網形成機構, 第22 回 日本分子細胞生物学会ワークショップ, 1999, 福岡.
  98. 稲垣直之, 千原一泰, 天野睦紀, 中村奈央, 後藤秀幸, 岩松明彦, 貝淵弘三, Rho-キナーゼによるCRMP-2のリン酸化とその生理的意義, 特定領域研究「生体機能と設計分子」秋季シンポジウム, 1998年12月10日, 浜松.
  99. 稲垣直之, グリア細胞におけるカルシウム-CaMKIIの空間的シグナル伝達, 第71回日本生化学会ンポジウム, 1998年10月15日,名古屋.
  100. 稲垣直之, シグナル伝達によるグリア細胞骨格の制御, 大阪大学生理化学談話会, 1998年9月11日.
  101. 稲垣直之, グリア細胞におけるカルシウム-CaMKIIの空間的シグナル伝達, 第30回日本神経化学会シンポジウム, 1997年10月23日,東京.
  102. 稲垣直之, カルシウム-CaMKIIの細胞内における空間的シグナル伝達, 奈良先端大セミナー, 1997年10月16日,奈良.
  103. 稲垣直之, シグナル伝達によるグリア細胞骨格の制御, グリア若手の会, 1997年1月25日,岡崎.
  104. 稲垣直之, 小河原緑, 安藤進, 稲垣昌樹, グリア細胞におけるカルシウム-CaMキナーゼーII-ビメンチンを経由するシグナル伝達の細胞内分布, 第1回グリア研究会, 1996年11月2日.
  105. 稲垣直之, 高井泰, 小河原緑, 稲垣昌樹, カルシウム依存性キナーゼ伝達系の可視化と細胞内トポロジー, 第48回日本細胞生物学会シンポジウム, 1995年10月20日, 仙台.
  106. Inagaki N, Aminergic System in Brain, シンポジウムBiogenic Amine in Nervous System, First International Congress on Vitamins and Biofactores in Life Science, 1991年9月, Kobe.

▲ Page Top

Contact us

Naoyuki Inagaki, MD, PhD

Graduate School of Biological Sciences
Nara Institute of Science and Technology

Ikoma 630-0192, Japan (access map)
Tel: +81-743-72-5466
Email: ninagaki(a)bs.naist.jp