奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス科 膜分子複合機能学(塚崎研究室) 奈良先端科学技術大学院大学 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 膜分子複合機能学

English

研究・教育の概要

2018年8月に塚崎が教授となり「構造生命科学研究室」になりました。生命現象には様々なタンパク質が関わっています。これらが織りなすダイナミックな構造変化に起因する分子メカニズムを原子レベルで明らかとすべく,新たな研究手法を組み合わせた構造生物学的解析による基盤研究を行なっています。現在は,タンパク質やイオンの輸送などを中心に解析しています。
当研究室では,大学院生に研究に没頭できる環境を提供し,質の高い成果を発表できるよう指導を行ないます。研究を進める上では,実験の計画段階から発表に至るまで様々な能力が必要とされます。大学院生には研究活動をとおして,これらの能力を鍛えることで自己を高め,社会の一員として活躍してくれることを期待しています。2018年に学生2名が博士号を取得しました。

解析例 タンパク質膜透過促進因子SecDF

SecDFの詳細構造 SecDFの機能モデル

研究関連トピックス

新着情報