奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス科 膜分子複合機能学(塚崎研究室) 奈良先端科学技術大学院大学 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 膜分子複合機能学

English

メンバー

助教 宮崎 亮次 Ryoji Miyazaki

学歴

  • 2007年4月 - 2011年3月   京都大学 理学部 理学科
  • 2011年4月 - 2013年3月   京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 修士課程
  • 2013年4月 - 2018年3月   京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 博士課程
  • 2018年3月 博士(理学)

職歴

  • 2015年4月 - 2017年3月   日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2018年4月 - 2021年2月   京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 特定研究員
  • 2021年3月 - 現在   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 構造生命科学研究室 助教

発表論文

  1. Miyazaki R, Watanabe T, Yoshitani K, *Akiyama Y.  Edge-strand of BepA interacts with immature LptD on the β-barrel assembly machine to direct it to on- and off-pathways.  eLife 10, e70541 (2021)

  2. Miyazaki R, Akiyama Y and *Mori H. Fine interaction profiling of VemP and mechanisms responsible for its translocation-coupled arrest-cancelation. eLife, 9, e62623 (2020).

  3. Daimon Y, Narita S, Miyazaki R, Hizukuri Y, Mori H, Tanaka Y, Tsukazaki T and *Akiyama Y. Reversible auto-inhibitory regulation of Escherichia coli metallopeptidase BepA for selective β-barrel protein degradation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 117, 27989-27996 (2020).

  4. *Yura T, Miyazaki R, Fujiwara K, Ito K, Chiba S, Mori H and *Akiyama Y. Heat shock transcription factor σ32 defective in membrane transport can be suppressed by transposon insertion into the genes for a restriction enzyme subunit or a putative autotransporter in E. coli. Genes Genet. Syst. 93, 229–235 (2018).

  5. Miyazaki R, Myougo N, Mori H and *Akiyama Y. A photo-cross-linking approach to monitor folding and assembly of newly synthesized proteins in a living cell. J. Biol. Chem. 293, 677-686 (2018).

  6. Daimon Y, Iwama-Masui C, Tanaka Y, Shiota T, Suzuki T, Miyazaki R, Sakurada H, Lithgow T, Dohmae N, Mori H, *Tsukazaki T, *Narita S and *Akiyama Y. The tetratricopeptide repeat (TPR) domain of BepA is required for productive interaction with substrate proteins and the β-barrel assembly machinery (BAM) complex. Mol. Microbiol. 106, 760-776 (2017). 

  7. Miyazaki R, Yura T, Suzuki T, Dohmae N, Mori M and *Akiyama Y. A novel SRP recognition sequence in the homeostatic control region of heat shock transcription factor σ32. Sci. Rep. 6, 24147 (2016).

  8. Lim B, Miyazaki R, Neher S, Siegele DA, Ito K, Walter P, Akiyama Y, *Yura T and *Gross CA. Heat shock transcription factor σ32 co-opts the signal recognition particle to regulate protein homeostasis in E. coli. PLoS Biology, 11, e1001735 (2013).

  9. *Endo M, Miyazaki R, Emura T, Hidaka K and *Sugiyama H. Transcription regulation system mediated by mechanical operation of a DNA nanostructure. J. Am. Chem. Soc. 134, 2852-2855 (2012).

総説など

  1. 宮﨑亮次, 森博幸, 秋山芳展. PiXie法による細胞内タンパク質の迅速な相互作用・フォールディング解析. 生物物理, 61, 036–039 (2021). 

  2. Miyazaki R, Akiyama Y and *Mori H. A photo-cross-linking approach to monitor protein dynamics in living cells. Biochim. Biopys. Acta Gen. Subj. 1864, 129317 (2020).

受賞・表彰

  1. 2017年11月 「新生鎖の生物学」 平成29年度 第1回班会議 若手ポスター最優秀賞
  2. 2017年8月 「新生鎖の生物学」 第4回若手ワークショップ 優秀学生賞
  3. 2016年5月 「新生鎖の生物学」 第3回若手ワークショップ 最優秀学生賞
  4. 2014年6月 第11回 21世紀大腸菌研究会 口頭発表大賞
  5. 2013年9月 第86回 日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞