セミナー情報

セミナー情報

Chemical Biology in Plant Immunity Research

演題 Chemical Biology in Plant Immunity Research
講演者 Dr. Ken Shirasu(Group Director Plant Immunity Research Group RIKEN Center for Sustainable Resource Science)
使用言語 English
日時 平成26年11月19日(水曜日) 15:30~16:30
場所 L12 lecture room
内容
Chemical biology is an expanding discipline that utilizes bioactive small molecules to elucidate biological mechanisms.
Chemical biology approach has a possibility to overcome limitations in classical genetic methods, such as lethality and functional redundancy.
We applied a chemical biology approach to investigate plant immune responses and I would like to discuss our recent findings.

ケミカルバイオロジーとは、低分子化合物をツールにして生命システムの分子機構を解明していく学問である。
本セミナーでは、植物免疫システムを解明するために用いた、ケミカルバイオロジーの一例を紹介したい。
問合せ先 植物免疫学
西條 雄介 (saijo@bs.naist.jp)

一覧へ戻る