セミナー情報

セミナー情報

細胞の守護者オートファジー:分子機構と病態生理

演題 細胞の守護者オートファジー:分子機構と病態生理
講演者 吉森 保 教授(大阪大学大学院 医学系研究科 生命機能研究科)
使用言語 日本語
日時 平成26年11月6日(木曜日) 15:00~16:00
場所 大セミナー室
内容
【Abstract】 細胞内自己分解システム・オートファジーは、細胞内浄化によって神経変性疾患、発がん、2型糖尿病など多くの疾患を抑制している。我々はこれまでオートファジーの分子機構の解明を進めてきたが、最近には長年論争の的となってきたオートファジーを担う膜構造オートファゴソームの起源を突き止めた。また病原体や障害を受けたリソソームの選択的排除という新しい機能を見出し、そのメカニズムや疾患との関わりを明らかにしている。    

【References】
1.    Hamasaki M, Furuta N, Matsuda A, Nezu A, Yamamoto A, Fujita N, Oomori H, Noda T, Haraguchi T, Hiraoka Y, Amano A, Yoshimori T. Autophagosomes form at ER−mitochondria contact sites. Nature. 495, 389-93. (2013)

2.      Matsunaga K, Saitoh T, Tabata K, Omori H, Satoh T, Kurotori N, Maejima I, Shirahama-Nod, K, Ichimura I, Isobe T, Akira S, Noda N, Yoshimori T. Two Beclin-1 binding proteins, Atg14L and Rubicon, reciprocally regulate autophagy at different stages. Nature Cell Biol. 11, 385-96 (2009)

3.      Nakagawa I, Amano A, Mizushima N, Yamamoto A, Yamaguchi H, Kamimoto T, Nara A, Funao J, Nakata M, Tsuda K, Hamada S, Yoshimori T. Autophagy defenses cells against invading group A Streptococcus. Science. 306, 1037-40 (2004)


問合せ先 動物細胞工学
河野 憲二 (kkouno@bs.naist.jp)

一覧へ戻る