セミナー情報

セミナー情報

Plant immune system: what we can learn from recent phosphoproteomics
リン酸化プロテオミクスで挑む植物免疫システム研究

演題 Plant immune system: what we can learn from recent phosphoproteomics
リン酸化プロテオミクスで挑む植物免疫システム研究
講演者 Dr. Hirofumi Nakagami(Riken, Yokohama)
使用言語 English
日時 平成26年5月19日(月曜日) 13:30~14:30
場所 Large seminar room
内容
The emergence of ‘shotgun proteomics’ has paved the way for high-throughput proteome analysis, by which thousands of proteins can be identified simultaneously from complex samples. Advancement of quantitation methods and detection sensitivity enabled proteomics technologies to be utilized for various aspects. 

Our group has been applying phosphoproteomics technologies to understand molecular mechanisms of plant immune system and abled to identify novel factors that regulate plant immunity. Basics and scope of current phosphoproteomics technologies will be discussed while referring to our research outcomes.

ショットガン法の開発に始まり、様々な周辺技術の目覚ましい進化は、プロテオミクス技術で分析出来るプロテオームの範囲を著しく拡大しつつある。また、定量解析技術や測定感度などの向上に伴い、プロテオミクス技術で出来ることも増えている。それでは、これらの最先端プロテオミクス技術は、植物研究において実際に使える新たな研究ツールとなり得るのであろうか?

我々の研究グループでは、リン酸化プロテオミクス技術を利用して植物免疫システムの解明に取り組んでおり、幾つかの新奇制御因子の同定に成功している。本セミナーでは、リン酸化プロテオミクス技術の原理および可能性を交えつつ、我々の最近の研究成果について紹介する。
問合せ先 植物細胞機能
橋本 隆 (hasimoto@bs.naist.jp)

一覧へ戻る