セミナー情報

セミナー情報

3次元培養系を用いた上皮形態形成の分子機構の解析

演題 3次元培養系を用いた上皮形態形成の分子機構の解析
講演者 梶 紀子 博士(東北大学大学院 生命科学研究科 助教)
使用言語 日本語
日時 平成26年1月10日(金曜日) 15:00~15:45
場所 L13会議室
内容
上皮組織は極性化した上皮細胞からなる管状の構造を形成する。低分子量G蛋白質RhoファミリーのRho, Rac, Cdc42はアクチン骨格の主要な制御因子であり、細胞の移動や接着、極性化において重要な役割を果たしている。ヒト大腸癌由来Caco‐2細胞やヒト乳腺上皮MCF‐10A細胞は細胞外マトリクス(ECM)中で3次元培養すると、上皮組織と類似したシスト構造を形成することから、私は上皮細胞の3次元倍養系を用いて上皮形態形成におけるRhoシグナル経路の役割の解析を行なってきた。本セミナーでは(1)上皮形態形成におけるCdc42によるスピンドルの配向制御機構(2)ECM硬度依存的な上皮細胞の形質転換におけるRhoGEFの関与について紹介したい。
【参考論文】
1. Jaffe, A. B., Kaji, N., Durgan, J., and Hall, A. Cdc42 controls spindle orientation to position apical surface during epithelial morphogenesis J. Cell Biol., 183, 625-633 (2008)
2. Durgan, J., Kaji, N., Jin D., and Hall, A. Par6B and atypical PKC regulate mitotic spindle orientation during
epithelial morphogenesis. J. Biol.Chem., 286, 12461-12474 (2011)
問合せ先 構造生物学
箱嶋 敏雄 (hakosima@bs.naist.jp)

一覧へ戻る