セミナー情報

セミナー情報

ゲノミクスおよびトランスクリプトミクスによる宿主病原菌相互作用機構の解明

演題 ゲノミクスおよびトランスクリプトミクスによる宿主病原菌相互作用機構の解明
講演者 浅井 秀太 博士(センズベリー研究所Jonesグループ
独立行政法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物免疫研究グループ)
使用言語 日本語
日時 平成25年8月27日(火曜日) 16:30~17:30
場所 L12会議室
内容
植物と病原菌は、自身の存続をかけた攻防により共進化してきた。植物病原菌はエフェクターと呼ばれるタンパク質を植物細胞内に注入し抵抗反応を抑制することで、感染を成立させている。一方、抵抗性を示す植物は、抵抗性遺伝子産物を用いてエフェクターを認識し、防御応答を誘導する。Hyaloperonospora arabidopsidis(Hpa)は宿主であるシロイヌナズナにべと病を引き起こす絶対寄生菌である。最近、Hpaの全ゲノム配列が明らかとされ、推定のエフェクターが同定された。今回、Hpa感染シロイヌナズナにおけるトランスクリプトミクスに加えて、Hpaの異なる分離株およびシロイヌナズナの異なる遺伝子型間の比較ゲノミクスにより明らかとなったHpa‐シロイヌナズナ相互作用機構について報告する。

【参考論文】
‐ 今回の発表に直接的に関係する論文‐
1. Badel et al. “In planta effector competition assays detect Hyaloperonospora arabidopsidis effectors that contribute to virulence and localize to different plant subcellular compartments” Mol. Plant‐Microbe Interact. 26:745‐757, 2013.
2. Caillaud et al. “Mechanisms of nuclear suppression of host immunity by effectors from the Arabidopsis downy mildew pathogen, Hyaloperonospora arabidopsidis (Hpa)” Cold Spring Harb. Symp. Quant. Biol. doi: 10.1101/sqb.2012.77.015115, 2012.
3. Caillaud et al. “Subcellular localization of the Hpa RxLR effector repertoire identifies a tonoplast‐associated protein HaRxL17 that confers enhanced plant susceptibility” Plant J. 69:252‐265, 2012.
4. Fabro et al. “Multiple candidate effectors from the oomycete pathogen Hyaloperonospora arabidopsidis suppress host plant immunity” PLOS Pathogens, e1002348, 2011.
5. Baxter et al. “Signatures of adaptation to obligate biotrophy in the Hyaloperonospora arabidopsidis genome” Science, 330:1549‐51, 2010.

‐ 発表者の主な原著論文‐
6. Asai et al. “The variable domain of a plant calcium‐dependent protein kinase (CDPK) confers subcellular localization and substrate recognition for NADPH oxidase” J. Biol. Chem. 288:14332‐14340, 2013.
7. Asai et al. “A plastidic glucose‐6‐phosphate dehydrogenase is responsible for hypersensitive response cell death and reactive oxygen species production” J. Gen. Plant Pathol. 77:152‐162, 2011.
8. Asai et al. “A key enzyme for flavin synthesis is required for nitric oxide and reactive oxygen species production in disease resistance” Plant J. 62:911‐924, 2010.
9. Asai and Yoshioka, “Nitric oxide as a partner of reactive oxygen species participates in disease resistance to necrotrophic pathogen Botrytis cinerea in Nicotiana benthamiana” Mol. Plant‐Microbe Interact. 22:619‐629, 2009.
10. Asai et al. “MAPKs signaling regulates nitric oxide and NADPH oxidase‐dependent oxidative bursts in Nicotiana benthamiana” Plant Cell, 20:1390‐1406, 2008.
問合せ先 構造生物学
箱嶋 敏雄 (hakosima@bs.naist.jp)

一覧へ戻る