セミナー情報

セミナー情報

開始コドンの厳密な選択とその異常からくる病理について

演題 開始コドンの厳密な選択とその異常からくる病理について
講演者 浅野 桂 博士(Division of Biology, Kansas State University, Manhattan, Kansas, U.S.A.)
使用言語 日本語
日時 平成25年7月19日(金曜日) 15:00~16:00
場所 L13会議室
内容
真核生物の翻訳開始過程において、4つの翻訳開始因子eIF1、eIF2、eIF3、eIF5は巨大複合体MFCを形成しリボソームに結合する。小因子eIF1はmRNAのスキャニング中、開始tRNAと開始コドンのまちがった塩基対がリボソームPサイトに入ってくることを妨げるが、いったん正しい塩基対が入ると排除され、リボソームを翻訳開始に導く。 MFCの相互作用は、スキャニング中はeIF1をつなぎ止め、開始コドン認識後は組み代わって、eIF1のリボソームとの再結合を妨げる。癌発生時、多くのタンパク質のコピー数があがることが知られている。この時増産される開始因子による開始コドン認識異常と、癌化との関連性について考察する。
問合せ先 ストレス微生物科学
高木 博史 (hiro@bs.naist.jp)

一覧へ戻る