セミナー情報

セミナー情報

Tol2トランスポゾンシステムが拓く新たな脈管および神経研究

演題 Tol2トランスポゾンシステムが拓く新たな脈管および神経研究
講演者 浦崎 明宏 博士(Hubrecht Institute Schulte-Merkerグループ)
使用言語 日本語
日時 平成25年5月28日(火曜日) 10:00~11:00
場所 L12会議室
内容
脊椎動物において、トランスポゾン(動く遺伝子)を用いた遺伝学的方法論は長い間開発されてこなかった。そこで、我々は近年メダカゲノムから発見されたTol2トランスポゾンの転移に必要な領域を決定し、現在広く使われているTol2ベクターを作成した。さらに、ゼブラフィッシュにおける遺伝子トラップ法、エンハンサートラップ法、Gal4/UASシステム、in vivo転移誘導システムなどの遺伝学的方法論の開発に成功した。また、透明なゼブラフィッシュの利点を利用して、脈管形成の新たな様式を見いだした。ゼブラフィッシュにおけるTol2システムの積極的な活用は、これまで解析が困難だった脈管および神経研究に新たなフロンティアをもたらすだろう。
問合せ先 構造生物学
箱嶋 敏雄 (hakosima@bs.naist.jp)

一覧へ戻る