セミナー情報

セミナー情報

RNA結合タンパク質CBF-AはRNA輸送配列に結合し、
mRNAの局在化や翻訳状態を制御する

演題 RNA結合タンパク質CBF-AはRNA輸送配列に結合し、
mRNAの局在化や翻訳状態を制御する
講演者 福田 七穂 博士(カロリンスカ研究所 細胞分子生物学部)
使用言語 日本語
日時 平成25年5月28日(火曜日) 09:00~10:00
場所 L12会議室
内容
mRNAの細胞内局在は、極性を持つ細胞におけるタンパク質の働きに重要な機構の一つである。局在化には、輸送されるmRNAの3’UTRに存在する特定の配列と、その配列を認識するRNA結合タンパク質とが必要とされる。私達は新たなRNA結合タンパク質としてCBF‐Aを同定した。CBF‐Aは様々な組織に発現しており、これまでにオリゴデンドロサイト、神経細胞および精細胞において、特定の結合配列を含む複数のmRNAの制御に関与していることが分かった。本セミナーでは、最近私達が明らかにしたCBF‐Aのスプライスバリアントの役割の違いを中心として、CBF‐AによるmRNAの制御機構について紹介する。
参考文献
(1) Raju et al., Mol Biol Cell, vol.1, Issue 22, p1864‐1877 (2011).
(2) Percipalle et al., RNA biology, vol.6, Issue 2, p171‐174 (2009).
問合せ先 構造生物学
箱嶋 敏雄 (hakosima@bs.naist.jp)

一覧へ戻る