イベント・ニュース

7月26日(木)GCOEプログラムの成果報告会を開催します

昨年度末をもって修了したグローバルCOEプログラムの研究成果報告会を以下の通り、開催いたします。
特別研究チームと国際リサーチフェローの研究成果について、まとめて発表いたします。
みなさま奮ってご参加下さい。

【日  時】:平成24年7月26日(木)13:30~16:20
【場  所】:バイオサイエンス研究科 大セミナー室
【使用言語】:英語
【プログラム】
※所属名と職名は、GCOEプログラム時のものです。

13:30    島本 功 教授(拠点リーダー)
Greeting from the program leader

13:35    相田 光宏 特任准教授(形態統御機構研究グループ)
Meristem formation in the Arabidopsis shoot and its modification.

14:00    木下 哲 特任准教授(植物生殖遺伝学研究グループ)
Implications of parental genome imbalance for plant endosperm development

14:25    荻野 肇 特任准教授(発生ゲノミクス研究グループ)
Evolution of a tissue-specific silencer underlies divergence in the expression of paralogues

14:50    Break

15:00    森ヶ崎 進(ストレス微生物科学研究室 国際リサーチフェロー)
Analysis of mechanisms to regulate stress signal transduction by a glycolytic enzyme glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase

15:20    門倉 広(動物細胞工学研究室 国際リサーチフェロー)
Developing a genetic assay for the analysis of protein disulfide bond formation in the ER of mammalian cells

15:40    愿山 郁(原核生物分子遺伝学研究室 国際リサーチフェロー)
The elucidation of plant-specific DNA damage checkpoint

16:00    辻本 育子(腫瘍細胞生物学研究室 国際リサーチフェロー)
The role of cytosolic Chk1 in cell-cycle regulation

【発表要旨】:PDFファイル(135KB)
【世話人】 :島本 功

(2012年07月25日掲載)

一覧へ戻る