奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科

分子医学細胞生物学(末次研究室)

脂質研究は生命科学のフロンティアです。

例えば、魚の脂と肉の脂の違いは、健康には重要だと思われます。
 生命は、数え切れないほど多種の脂質分子種を有しています。脂質から構成される脂質膜は、細胞の内外を決定する物質であり、またすべての細胞内構造は脂質膜によって形成されます。すなわち、脂質なしでは生命は成り立ちません。
 しかし、多様な脂質の意味は、分子同士の相互作用に起因するタンパク質機能の違いにどのように反映されるのでしょうか?言い換えれば、細胞内のタンパク質機能にどのような影響を与えるのでしょうか?脂質研究は、ゲノムには直接記述されないことから、未解明の点が多く残されている生命科学のフロンティアです。
 本研究室では、様々な脂質膜と様々なタンパク質の相互作用を明らかにすることで、生体の持つ多様な脂質の役割を解明します。例えば、細胞の構造構築 および がん細胞の増殖や浸潤転移の分子機構などに焦点を当て、精製脂質と組み換えタンパク質や培養細胞を用いた実験により解明します。

キーワード

生化学、細胞生物学、構造生物学
細胞運動、浸潤、細胞増殖、脂肪酸、脂質膜、BARドメイン、アクチン、細胞骨格、リン脂質、イノシトールリン脂質、エンドサイトーシス、細胞内輸送、ラメリポディア、フィロポディア、がん
組換えタンパク質、再構成実験、結晶化、超解像解析

新着情報