幹細胞工学研究室
Stem Cell Technologies Lab

研究室を希望される方へ

幹細胞工学研究室では、発生を理解して幹細胞を制御し、疾患原因の究明や組織再生を目指す研究を行っています。

ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞は、無限の増殖能と体の全てを構成する細胞への分化能を併せ持つ特殊な幹細胞であり、再生医療や創薬などへの応用が期待されています。

一方、幹細胞を利用する、私たち研究者側の視点で考えると、成体のどんな細胞へも分化しうる非常に強力な分化能を持つ多能性幹細胞から、目的細胞のみを作り出すのは、各分化段階を精密にコントロールしながら、長期間、厳密な培養技術でタイミングを計ってステップワイズに分化させる忍耐力と観察眼が必要とされる地道な作業です。

私たちの研究室では、特に胃や肺などの組織形成のしくみの解明を進めつつ、幹細胞の分化制御方法を開発し、さらに疾患モデルや組織再生への応用を目指した研究を行っています。

実験に長い培養時間がかかるので、多くの実験は結果が分からないままいくつも並行して実施することが必要となります。そのため毎年新入生には、調製に長期間を費やした貴重なサンプルをキチンと解析するための基本手技を、最初の1-2か月間で徹底的に習得してもらっています。また、これぞというサンプルでばっちりデータを出すためには、カッチリした基礎技術と十分な予備実験が必要です。

にもかかわらず、実験が予想通りいかないことは日常茶飯事です。しかし、組織形成の教科書である発生学の基本を理解し、失敗しても論文を調べ尽くして、論理的に結果をとらえて辛抱強く一歩一歩条件検討を持続して前進することが重要です。

実際の作業としては、熟練した実験手技で長期間細胞を培養し、得られた実験データを正確に解析し、観察された現象の裏側で起こっていることを論理的に理解し、その解決策を複数考え、その中でベストな方法で実験を繰り返すことになります。

しかし、その先に見えてくる、研究の面白さや発生学の美しさ、分化と組織形成の不思議さには、心躍らせる特別な感動があります。ぜひこの面白さを実感し、新たな発見に挑戦する勇気と忍耐力のある人の参加をお待しています。

幹細胞工学研究室
栗崎 晃