奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 器官発生工学 磯谷研究室

異種間キメラ動物を使って『 新しい 』を創ろう

  1. 8細胞期胚までの?着床前の受精胚は?どんな臓器にもなれる?可能性を秘めています
  2. 胚盤胞期になると?『からだ』になる?内部細胞塊と?『胎盤』になる?栄養芽細胞に?運命が分かれます
  3. ES細胞は?内部細胞塊から樹立され?いろんな臓器になれます?でも、胎盤には、なれません
  4. 胎盤にならないラットのES細胞を?マウスの胚盤胞に注入すると?ラットとマウス両方の細胞をもつ?『異種間キメラ動物』を?誕生させることができます

NEWS

  • 2017-03-01
    サイトを公開いたしました。