奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス科 膜分子複合機能学(塚崎研究室) 奈良先端科学技術大学院大学 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 膜分子複合機能学

English

メンバー

助教 市川 宗厳 Muneyoshi Ichikawa

学歴

  • 2006年4月 - 2010年3月   東京大学 教養学部 基礎科学科
  • 2010年4月 - 2012年3月   東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系 修士課程
  • 2012年4月 - 2015年3月   東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系 博士課程
  • 2015年3月 博士(学術)

職歴

  • 2012年4月 - 2015年3月   日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2015年4月 - 2017年3月   マギル大学 Department of Anatomy and Cell Biology 博士研究員
  • 2017年4月 - 2019年3月   日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2019年4月 - 現在   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 構造生命科学研究室 助教
  • 2020年12月 - 現在   科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)

発表論文

  1. Tanaka Y, Yoshikaie K, Takeuchi A, Ichikawa M, Mori T, Uchino S, Sugano Y, Hakoshima T, Takagi H, Nonaka G and *Tsukazaki T.  Crystal structure of a YeeE/YedE family protein engaged in thiosulfate uptake.  Sci. Adv. 6, eaba7637 (2020)

  2. Dai D, Ichikawa M*, Peri K, Rebinsky R, Bui KH*. Identification and mapping of central pair proteins by proteomic analysisBiophys. Physicobiol. 17, 71-85 (2020) (*co-corresponding authors) 

  3. Khalifa AAZ†, Ichikawa M† Dai D, Kubo S, Black C, Peri K, McAlear TS, Veyron S, Yang SK, Vargas J, Bechstedt S, Trempe JF and Bui KH. The inner junction complex of the cilia is an interaction hub that involves tubulin post-translational modifications. eLife 9, e52760 (2020) († equally contributed)

  4. Ichikawa M, Khalifa AAZ, Kubo S, Dai D, Basu K, Maghrebi MAF, Vargas J and Bui KH. Tubulin lattice in cilia is in a stressed form regulated by microtubule inner proteins. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 116, 19930-19938 (2019)

  5. Yang M, Chen YS, Ichikawa M, Calles-Garcia D, Basu K, Fakih R, Bui KH and Gehring K.  Cryo-electron microscopy structures of ArnA, a key enzyme for polymyxin resistance, revealed unexpected oligomerizations and domain movements.  J. Struct. Biol.  208, 43-50 (2019) 

  6. Ichikawa M, Liu D, Kastritis PL, Basu K, Hsu TZ, Yang S and Bui KH. Subnanometre-resolution structure of the doublet microtubule reveals new classes of microtubule-associated proteins. Nature Commun. 8, 15035 (2017) 

  7. Ichikawa M, Saito K, Yanagisawa H, Yagi T, Kamiya R, Yamaguchi S, Yajima J, Kushida Y, Nakano K, Numata O and Toyoshima YY. Axonemal dynein light chain-1 locates at the microtubule-binding domain of the γ heavy chain. 
    Mol. Biol. Cell  26, 4236-4247 (2015)

  8. Torisawa T, Ichikawa M, Furuta A, Saito K, Oiwa K, Kojima H, Toyoshima YY and Furuta K. (2014). Autoinhibition and cooperative activation mechanisms of cytoplasmic dynein. Nature Cell Biology 16, 1118-1124 (2014) 

  9. Obinata T, Amemiya S, Takai R, Ichikawa M, Toyoshima YY and Sato N. Sea Lily muscle lacks a troponin-regulatory system, while it contains paramyosin. Zoolog. Sci., 31, 122-128 (2014)

  10. Ichikawa M, Watanabe Y, Murayama T and Toyoshima YY. Recombinant human cytoplasmic dynein heavy chain 1 and 2: observation of dynein-2 motor activity in vitro. FEBS Letters 585, 2419-2423 (2011)

総説など

  1. Ichikawa M , Watanabe Y, Murayama T, Saito K, Kobayashi T, Sakakibara H, Ishikawa T, Toyoshima YY.   Subunit architecture of the cytoplasmic dynein tail.  Handbook of Dynein (Second Edition), Jenny Stanford Publishing, Chapter 4, 99-116 (2019) ISBN: 978-981-4800-01-3 

  2. Ichikawa M and Bui KH. Microtubule Inner Proteins: A Meshwork of Luminal Proteins Stabilizing the Doublet Microtubule. BioEssays 40, 1700209 (2018)

  3. 市川 宗厳 クライオ電子顕微鏡を用いた高分解能 構造解析による軸糸ダブレット微小管の構築・安定化機構の解明. 生物物理 59, 108-109 (2018)

受賞・表彰

  1. 2018年9月   日本生物物理学会 若手奨励賞
  2. 2017年5月   Microscopical Society of Canada, Gérard T. Simon Award
  3. 2016年9月   日本生化学会 第89回日本生化学会大会 若手優秀発表賞
  4. 2016年9月   マギル大学 Dr. David T.W. Lin Fellowship
  5. 2015年9月   日本動物学会 藤井賞・論文賞
  6. 2012年3月   東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻奨励賞