花発生分子遺伝学研究室
Plant Stem Cell Regulation and Floral Patterning

content ▼

Publications

M1分子生物学会発表タイトル

第41回日本分子生物学会 (2018年)

・高温順化におけるヒストン脱メチル化酵素JUMONJIの下流遺伝子の同定と機能解析

吉水 芳織、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・CRABS CLAW遺伝子が蜜腺を作る仕組みの解明

飯村 秀明、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・栄養欠乏に対する植物のミロシン細胞の応答

松本 紘弥、白川 一、渡邉 むつみ、峠 隆之、伊藤 寿朗

・母方のインプリント異常による種子崩壊を回避する機構に関わるインプリント遺伝子の探索および解析

山口 翔、山口 京、和田 七夕子、高山 誠司、伊藤 寿朗

・モデル植物シロイヌナズナにおける脱春化を誘導する低分子化合物の探索

森崎 由花帆、白川 一、佐藤 綾人、伊藤 寿朗

・アブラナ科植物における改変低分子RNAの導入による自家不和合性の打破

片岡 修、小林 利沙、和田 七夕子、三浦(宇野) 栄子、下田 大貴、柴 博史、高山 誠司、伊藤 寿朗

第40回日本分子生物学会 (2017年) 

・母方インプリント異常による種子崩壊に拮抗的に作用するゲノム領域の探索   

山口 京、和田 七夕子、高山 誠司、伊藤 寿朗

・植物の脱春化を制御する新規遺伝子の探索 

丸岡 孝資、白川 一、ガン エンシェン、伊藤 寿朗

・植物のミロシン細胞分化における新規制御因子の探索  

宗田 匡史、白川 一、伊藤 寿朗

・植物のミロシン細胞分化におけるFAMA-RBR複合体の機能解析 

月川 麻央、白川 一、伊藤 寿朗

・シロイヌナズナのヒストン修飾酵素と相互作用する因子の同定と機能解析

阿部 真人、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・シロイヌナズナ系統間雑種における雑種強勢機構の解明  

布平 竜也、和田 七夕子、羽根 佑樹、高山 誠司、伊藤 寿朗

・花幹細胞の増殖を制御するKNUCKLES遺伝子の発現制御機構の解析  

澤田 遥、松下 夏純、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・アブラナ科植物における低分子RNAを介した優劣性制御機構の解明  

小林 利紗、和田 七夕子、三浦(宇野) 栄子、下田 大貴、柴 博史、高山 誠司、伊藤 寿朗

第39回日本分子生物学会(2016年)

・花幹細胞の活性を制御するCRCの下流の遺伝子カスケードの解析  

辰見 嘉隆、山口 暢、 伊藤 寿朗

・KNUCKLES発現誘導における修飾ヌクレオソーム数と分裂回数の関係性の解析  

松下 夏純、山口 暢俊、佐竹 暁子、伊藤 寿朗

・側根形成におけるSET DOMAIN GROUPとPRC2コンプレックスの関係の遺伝学的解析  

今井 袈成恵、佐伯 健、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・花幹細胞の増殖抑制を制御する3つの鍵遺伝子の遺伝学的な相互作用の解析  

上村 祥、渡辺 てい、山口 暢俊、細川 陽一郎、伊藤 寿朗

第38回日本分子生物学会(2015年)

・SET DOMAIN GROUPによるヒストン修飾を介した植物の成長制御機構の解析 

佐伯 健、角谷 侑香、山口 暢俊、伊藤 寿朗

・JUMONJIを介した植物の高温耐性機構の解析

松原 聡、平井 光、山口 暢俊、伊藤 寿朗

PageTop