About

Dr. Motomu Endo

遠藤 求(Endo Motomu)

  • Ph.D.
  • 植物生理学・教授
  • 奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)

  • 日本学術会議 連携会員
  • 日本学術会議 若手アカデミー会員
Download CV

研究の興味

  1. 最先端の技術、いままでになかった発想、新しい組み合わせ
  2. 動植物を超えた、生命の普遍性
  3. 植物で世界を救う、世界を変える

Educations

大阪生まれ、京都育ち。京都教育大付属高校(1995-1997)、京都大学理学部(1998-2001)、京都大学大学院理学研究科(2002-2003, 2004-2006, 2007)。長谷あきら教授(植物生理学)の下で光受容体の組織特異性研究。

2007

博士(理学)

植物生理学・長谷あきら
京都大学大学院理学研究科

2004

修士(理学)

植物生理学・長谷あきら
京都大学大学院理学研究科

2002

学士(理学)

生物科学専攻
京都大学理学部

Positions

学振PDとして光受容体phyBの相互作用因子PHLの研究(2007, 長谷あきら教授・京都大学)の後、海外学振・HFSPとして概日時計の組織特異性研究(2008, Dr. Steve A. Kay, UCSD(当時))を行う。2009年から京都大学大学院生命科学研究科で助教・准教授(2009-2017, 荒木崇教授・京都大学)として引き続き概日時計の組織特異性研究に携わる。途中、さきがけ研究者として「細胞構成」・「統合1細胞」の2つの領域に参加(2011-2018, JST PRESTO)。2018年から奈良先端大で現職。

2018 Apr.

教授

植物生理学
奈良先端大 (NAIST)

2015 Jan.

准教授

分子代謝制御学(荒木崇教授)
京都大学大学院生命科学研究科

2014 Dec.

さきがけ研究者(兼任)

「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」
科学技術振興機構 (JST)

2011 Dec.

さきがけ研究者(兼任)

構成的アプローチによる細胞機能の理解と制御
科学技術振興機構 (JST)S

2009 Apr.

助教

分子代謝制御学(荒木崇教授)
京都大学大学院生命科学研究科

2009 Jan.

Human Frontier Science Program (Long-term fellow)

Dr. Steve A. Kay lab.
カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 (UCSD)

2008 Apr.

日本学術振興会 海外特別研究員

Dr. Steve A. Kay lab.
カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 (UCSD)

2007 Apr.

日本学術振興会 特別研究員(PD)

植物生理学(長谷あきら教授)
京都大学理学研究科

2006 Apr.

日本学術振興会 特別研究員(DC2)

植物生理学(長谷あきら教授)
京都大学理学研究科

Selected Publications

Endo and colleagues are forcusing on how plants sense and respond to environmental stimuli. To achieve his goals, he is also interested in developing new techniques for higher spatiotemporal resolution analysis.

Rapid and simple leaf tissue isolation in Arabidopsis thaliana.

Nature Protocols 2016
Endo et. al.
Publisher's website

Decentralized circadian clocks process thermal and photoperiodic cues in specific tissues.

Nature Plants 2015
Shimizu et. al.
Publisher's website

Tissue-specific clocks in Arabidopsis show asymmetric coupling.

Nature 2014
Endo et. al.
Publisher's website

Honors & Awards

2017

奨励賞

日本植物生理学会

2017

わかしゃち奨励賞(優秀賞)

愛知県、(公財)科学技術交流 財団及び(公財)日比科学技術振興財団

2016

奨励賞

日本時間生物学会

2016

ゴットフリード・ワグネル賞(Life Sciences & Healthcare部門)

ドイツ・イノベーション・アワード

2016

若手科学者賞

科学技術分野の文部科学大臣表彰

2015

優秀賞

京都大学 学際研究着想コンテスト

2015

奨励賞

日本植物学会

2014

ベストポスター賞

第38回 内藤コンファレンス

2013

ベストポスター賞

日本時間生物学会

2003

ベストポスター賞

日本植物学会