セミナー情報

セミナー情報

2016年12月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/12/27 植物キチナーゼの構造と生体防御における役割
平良 東紀 博士(琉球大学・農学部・亜熱帯生物資源科学科 教授)
2016/12/16 宿主・微生物の生物間相互作用を考える会
川崎努博士(近畿大学農学部) 井上喜博博士(京都大学農学部) 晝間 敬博士(バイオサイエンス研究科) 山口公志博士(近畿大学農学部バイオサイエンス学科) 高浜充寛博士(徳島大学疾患酵素学研究センター ) 川﨑 拓実博士(バイオサイエンス研究科) 
2016/12/13 Emerging perspectives on innate immune signaling and inter-organellar communication
Dr. Savithramma Dinesh-Kumar (Department of Plant Biology, College of Biological Sciences, University of California Davis)
2016/12/09 全能性細胞で特異的に発現する遺伝子群の機能解析
中村 肇伸 博士 (長浜バイオ大学バイオサイエンス学部 准教授)
2016/12/06 局在化した受容体シグナル経路を介したカスパリー線形成機構
藤田 智史博士研究員(University of Lausanne, Department of Plant Molecular Biology)

2016年11月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/11/28 Design Principles and Self-Assembling Properties of a Plant Extracellular Interactome
Youssef Belkhadir,PhD (Group Leader, GMI-Gregor Mendel Institute, Austria)
2016/11/25 超長寿齧歯類ハダカデバネズミの老化耐性・がん化耐性を制御する分子機構
三浦 恭子 (北海道大学 遺伝子病制御研究所・准教授)
2016/11/22 Noncoding RNAs at the heart of the imprinted Prader-Willi and Angelman syndrome locus
Dr. Janine LaSalle( Medical Microbiology and Immunology, UC Davis Genome Center, University of California Davis)
2016/11/18 Interplay and genetic control of Translesion Synthesis and Damage Avoidance pathways in E. coli.(Dr. Robert P. Fuchs) RecG controls DNA amplification at double-strand breaks and arrested replication forks.(Professor David Leach)
Dr. Robert P. Fuchs, CRCM, CNRS Marseille (France) Professor David Leach, Institute of Cell Biology, School of Biological Sciences, University of Edinburgh (UK)
2016/11/16 出芽酵母におけるマンノシド糖鎖代謝制御機構
梅川 碧里 博士(立命館大学生命科学部生物工学科 助教)
2016/11/10 "Bone" and "Marrow": neighbors or family?
片山 義雄 博士(Dr. Yoshio Katayama) 神戸大学医学部附属病院血液内科 講師 (Junior Associate Professor, Hematology, Kobe University Hospital)   
2016/11/10 がんや精子形成におけるエピジェネティックなDNA機能発現機構の理解を目指して
両角 佑一博士(グルノーブル大学 博士研究員)
2016/11/04 2つの機能をもつ H+-ピロホスファターゼの理解:ピロリン酸加水分解とプロトンポンプ
前島 正義 博士 (名古屋大学 生命農学研究科 教授)

2016年10月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/10/28 植物制御システムとしての原形質流動
富永 基樹 博士(早稲田大学 教育・総合科学学術院)
2016/10/14 腎臓前駆細胞培養法の確立から管腔構造構築へ
由利 俊祐 博士 (Research Scientist, Norimoto Yanagawa Renal regeneration lab., UCLA David Geffen School of Medicine)
2016/10/13 「遺伝子のかたち」 〜長鎖ノンコーディングRNAとマイクロペプチド〜
影山 裕二 博士(神戸大学・バイオシグナル総合研究センター 准教授)
2016/10/12 APCおよびWnt経路の異常と発がん
川崎 善博 博士 (東京大学分子生物学研究所 准教授)
2016/10/12 胃組織作製方法の開発とその応用
講演者:栗崎 晃 博士 (産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 上級主任研究員)
2016/10/06 International Workshop on Current Topics of Plant Cell Wall Research ~where should we go with plant cell walls?~
Dr. Olivier Hamant (Univ Cambridge) Dr. Takeshi Ishimizu (Ritsumeikan Univ) Dr. Toshiro Ito (NAIST) Dr. Debra Mohnen (Univ Georgia) Dr. Misato Ohtani (NAIST) Dr. Jérôme Pelloux (Univ Picardie)
2016/10/05 From functions to structures: Constraints on the cell chassis for synthetic biology 他
Antoine Danchin博士、Institute of Cardiometabolism and Nutrition 他1名

2016年09月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/09/30 葉緑体の多様な生存戦略:なぜ葉緑体がDNAを維持するのかを考える
坂本 亘 博士 (岡山大学資源科学研究所 教授)
2016/09/29 四肢をモデルとした脊椎動物における3次元の骨格パターン形成のメカニズム
鈴木 孝幸 博士(名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 講師)
2016/09/23 トマトの実を育む細胞壁の変化
岩井 宏暁 博士 (筑波大学生命環境系 准教授)
2016/09/23 Crafting “function" from “form” by regulating cell proliferation and organizing the cytoskeleton in the making of the eye lens
Professor Roy Quinlan School of Biological and Biomedical Sciences, University of Durham, UK Chair Elect for GRC on Intermediate Filaments
2016/09/16 The E3 ligase Ubr1 deciphers N-terminal location codes for protein translocation quality control
Prof.Davis T.W. Ng  (Temasek Life Sciences Laboratory, Singapore)
2016/09/16 新産業酵母ワークショップ
Dr. Vivien Measday(University of British Columbia, CANADA) 他3名
2016/09/15 ネットワークから捉える生物システム:個体から群集まで
竹本 和広 博士(九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 准教授)
2016/09/14 ヒトナイーブ型多能性幹細胞
高島 康弘 博士(京都大学iPS 細胞研究所講師)
2016/09/14 分子・細胞・個体にまたがる生命現象の数理研究とヘテロなシグナル伝達
作村 諭一 博士(愛知県立大学 情報科学部 准教授)
2016/09/08 器官前駆細胞の自律的な集団形成メカニズムとその生理的な意義
松井 貴輝 博士 (奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 助教)
2016/09/06 Auxin and Rho-of-plant direct actin-mediated polar nuclear migration in Arabidopsis root epidermal hair cells
Dr. Moritaka Nakamura( Institute of Biochemistry and Biology, Plant Physiology, University of Potsdam)

2016年08月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/08/23 植物二次代謝生合成経路の構築と機能ゲノム解析への応用
峠 隆之 博士(マックス・プランク研究所 Project Leader)
2016/08/22 一次代謝経路の進化多様性を利用した植物ケミカルプラットフォームの構築
前田 宏 博士(ウィスコンシン大学マディソン校 助教)
2016/08/01 ゼニゴケから見えてきた遺伝子制御ネットワークの転用による植物ボディプランの進化
石崎公庸 博士 (神戸大学大学院理学研究科生物学専攻・准教授)

2016年07月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/07/04 Control of entry and progression through meiosis
Prof. Arp Schnittger & Dr. Shinichiro Komaki(University of Hamburg, Germany)

2016年06月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/06/14 第1回サントリー生命科学財団-奈良先端大合同セミナー
末次 志郎(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 分子医学細胞生物学研究室)他3名

2016年05月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/05/23 絡み合う複数の生命現象の統合的理解に向けて 〜細胞ストレスがドライブする細胞内シグナルの解析〜
中西 慶子 博士 (理化学研究所脳科学総合研究センター協力研究員)
2016/05/18 The complex path to site-specific actions of Focal Adhesion Kinases
Dr. Stefan T Arold(King Abdullah University of Science and Technology, Saudi Arabia)
2016/05/18 早期の免疫細胞分化におけるZc3h12aとZc3h12cの相補的な機能の解析
織 大祐 博士(京都大学ウイルス研究所感染防御分野 博士研究員)

2016年04月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/04/27 キメラ動物が導く生命科学研究の可能性
磯谷 綾子 博士(大阪大学免疫学フロンティア研究センター感染動物実験施設 特任准教授)
2016/04/26 植物表層微小管のマイナス端制御機構
中村 匡良 博士(David Ehrhardt Lab., Carnegie Institution for Science)
2016/04/25 シロイヌナズナの胚発生におけるパターン形成機構の解析
吉田 彩子 博士 (オーストリア科学技術研究所 博士研究員)
2016/04/18 細胞の挙動から探る植物の器官発生の制御機構
郷達明博士(神戸大学大学院理学研究科 特命助教)
2016/04/11 白血病細胞の骨髄微小環境へのhomingと定着を規定する新規因子Sytl1
横山 隆志 博士(公益財団法人がん研究会がん研究所 発がん研究部 博士研究員)
2016/04/04 酵母におけるアルギニン・一酸化窒素代謝を介したストレス応答の分子機構の解析
那須野 亮 博士(ストレス微生物科学研究室 博士研究員)

2016年03月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/03/25 DA-Raf によるRas-MAPK経路阻害機構とその生理的役割
高野 和儀 先生 千葉大学大学院融合科学研究科
2016/03/25 Phytohormone signaling networks in plant immunity
Dr. Kenichi Tsuda (Group Leader, Department of Plant Microbe Interactions, Max Planck Institute for Plant Breeding Research)
2016/03/08 Ultrafast recycling of synaptic vesicles
Dr.Shigeki Watanabe 渡辺重喜先生 Department of Cell Biology, Johns Hopkins School of Medicine

2016年02月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/02/29 植物へ導入した遺伝子の効率的発現技術の開発
加藤 晃 博士(植物代謝制御研究室助教)
2016/02/26 The bacterial Sec protein translocase: Insights from molecular dynamics simulations
Dr.Ana-Nicoleta Bondar Department of Physics, Freie Universität Berlin

2016年01月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2016/01/27 Inside the trichome treasure chest: An in depth analysis of Cannabis glandular trichomes
Dr. Teagen Quilichini(University of British Columbia, Department of Botany, Vancouver BC Canada)
2016/01/04 極性をもった根の細胞成長の制御メカニズム
高塚 大知 博士 (名古屋大学大学院 生命農学研究科)