セミナー情報

セミナー情報

2015年12月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/12/18 花粉管ガイダンスを制御する分子
東山 哲也 博士(名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所/大学院理学研究科/ERATOライブホロニクス・教授)
2015/12/14 ユビキチンシグナルを介した植物の生存戦略
佐藤 長緒 博士(北海道大学大学院理学研究院 生物科学部門 助教)
2015/12/08 Functional genomics of brain development and disease mechanisms
Dr. Elva Diaz(Department of Pharmacology, University of California, Davis)
2015/12/07 Spatially distinct activation of antagonistic salicylate and jasmonate pathways shapes a plant immune field
Shigeyuki Betsuyaku, Ph. D  (Tokyo University, JST PRESTO)
2015/12/04 Plant cell reprogramming at the right time and place
Keiko Sugimoto(RIKEN Cell Function Research Team)
2015/12/03 Sexual dimorphisms drive oocyte and spermatocyte development in zebrafish
Dr. Sean Burgess( Department of Molecular and Cellular Biology, University of California, Davis)

2015年11月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/11/27 肝再生の基盤となる肝臓上皮組織の可塑性
伊藤 暢 准教授 (東京大学分子細胞生物学研究所 発生・再生研究分野)
2015/11/27 葉の器官サイズ制御に関する謎
塚谷裕一教授(東京大学大学院理学系研究科)
2015/11/27 ハマウツボ科寄生植物の寄生機構解明にむけて
吉田 聡子(理化学研究所 環境資源科学研究センター 上級研究員)
2015/11/27 植物における細胞内輸送を介したユビキチン依存的タンパク質分解の制御
磯野 江利香(ミュンヘン工科大学生命科学センター グループリーダー)
2015/11/26 Understanding Tolerance Phenotypes in Escherichia coli: Developing the Resistome
James Winkler (University of Colorado-Boulder, Department of Chemical and Biological Engineering, Boulder CO USA)
2015/11/24 Molecular mechanisms of microtubule nucleation and dynamics - studied in reconstituted systems
Thomas Surrey PhD (Francis Crick Institute, London, UK)
2015/11/16 シグナル伝達経路解明による多能性幹細胞の制御
友田 紀一郎 博士(Gladstone Institute of Cardiovascular Disease / Staff Research Investigator)
2015/11/16 Cross-talks between the control of flowering time and the response to salinity stress in plant
Prof. Dae-Jin Yun (Gyeonsang National University)
2015/11/13 mRNA分解による免疫の制御機構
Prof. Osamu Takeuchi(Lab. of Infection and PreventionInstitute for Virus Research Kyoto University)
2015/11/06 Notchシステムによる感染防御免疫機構
伊藤 利洋 教授(奈良県立医科大学 免疫学講座)

2015年10月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/10/23 イネにおけるメリステムの形成と恒常性維持の制御機構
平野 博之 教授(東京大学大学院理学系研究科・教授)
2015/10/23 「オルガネラの物理」
立川 正志 博士(理化学研究所 望月理論生物学研究室)
2015/10/22 「細胞内シグナル伝達系の多階層ライブイメージング解析」
上田 昌宏 教授(大阪大学大学院理学研究科・1分子生物学研究室)
2015/10/21 植物・藻類を対象とした動的代謝プロファイリング技術の開発と物質生 産への応用
蓮沼 誠久 博士(神戸大学 自然科学系先端融合研究環 重点研究部 教授)
2015/10/16 多重・高密度標識法IRISが突破する超解像顕微鏡の限界
渡邊 直樹 教授(京都大学医学研究科 神経・細胞薬理学/生命科学研究科 分子動態生理学)
2015/10/02 脳内空間表現を実空間に一致させるキャリブレーション・コード:時間の前後関係は空間の前後関係を表現する
平本 正輝

2015年09月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/09/24 オートファジーの膜動態の解明を目指して
大阪大学大学院医学系研究科 生命機能研究科 濱崎 万穂 准教授
2015/09/18 Identification of downstream genes of KNOX2 transcription factor that regulates alternations of generations in land plants.
榊原 恵子 博士 (金沢大学 学際科学実験センター)
2015/09/03 小分子RNAによるゲノムレベルの自己・非自己識別システム
齋藤 都暁 博士(慶應義塾大学医学部分子生物学教室 准教授)
2015/09/02 抗体遺伝子編集機構の解明とその応用
新藏 礼子 博士(長浜バイオ大学バイオサイエンス学部 教授)
2015/09/01 遺伝子座特異的生化学的ゲノム機能解析
藤井 穂高 博士(大阪大学微生物病研究所 准教授)
2015/09/01 高等動物の減数分裂における染色体動態と細胞周期制御
石黒 啓一郎 博士 慶應義塾大学・医学部システム医学講座 特任講師

2015年08月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/08/20 植物RNAウイルスの遺伝子発現戦略
田島 由理 博士 (奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 )
2015/08/10 Redundant and non-redundant roles of AGC3 kinases in plant development
Dr. Remko Offringa (Molecular and Developmental Genetics, Institute Biology Leiden, Leiden University)
2015/08/05 植物自然免疫におけるネットワーク生物学
佐藤 昌直 博士 (慶應義塾大学大学院政策メデイア研究科/先端生命科学研究所)

2015年07月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/07/29 細胞極性形成分子による細胞、組織の形成およびその機能破綻による疾患の理解
鳥山 道則 博士(University of Texas at Austin Department of Molecular Biosciences)
2015/07/22 超並列DNAシーケンサーによる分子・細胞計測技術の跳躍
谷内江 望 准教授 (東京大学, 先端科学技術研究センター)
2015/07/17 新しい成長因子の研究メカニズムと脳機能調節の関係
小島 正己 博士 (産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 分子細胞病態研究特別チーム JST/CREST、大阪大学大学院生命機能研究科)
2015/07/09 輸送複合体Centriolar satelliteの中心体構築の重要性と繊毛形成機構の解明
西 晶子 博士(Postdoctoral Fellow The Francis Crick Institute(CR-UK),Laboratory of Cell Regulation)

2015年06月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/06/17 細胞内でタンパク質の発現限界を決める要因は何か?
守屋 央朗 博士(岡山大学・異分野融合先端研究コア)
2015/06/15 Decorating chromatin to protect genome integrity in S-phase
Prof. Paul Russell (Dept. of Cell and Molecular Biology, The Scripps Research Institute, USA)
2015/06/09 RNA結合タンパク質hnRNP A/Bは mRNAの局在や翻訳状態の制御を担う
福田 七穂 博士 (奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 日本学術振興会特別 研究員)
2015/06/08 新規腫瘍免疫治療薬 抗 PD-1 抗体 ニボルマブの研究開発
柴山史朗 博士(小野薬品工業株式会社、研究本部、研究統括部・筑波研究所、先端医薬研究部、主席・主席・上席アドバイザー、前・筑波研究所探索研究所所長/理事)
2015/06/08 The endodermis: A tale of two cell types
Dr. Niko Geldner (Dept. Plant Molecular Biology, Univ. Lausanne, Switzerland)
2015/06/05 Translational control by eIF5-miimc protein
Prof. Katsura Asano, Division of Biology, Kansas State University, Manhattan, Kansas, U.S.A.
2015/06/02 Cytomechanics: Micro- and Nanotechnological Approaches to Understand Pollen Tube Growth
Dr.Ueli Grossniklaus(Institute of Plant Biology, University of Zürich)
2015/06/01 自然免疫受容体による病原体及び自己由来内在性因子の認識機構について
河合 太郎 博士

2015年05月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/05/29 Damaged DNA replication: how Translesion synthesis (TLS) and Damage Avoidance (DA) pathways are interconnected in vivo?
Robert P. Fuchs, CRCM, CNRS Marseille (France)
2015/05/19 Nutritional interactions between Ixodes pacificus and its Rickettsia endosymbiont
Dr. Jianmin Zhong, Ph.D.

2015年04月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/04/27 Using laser capture micro-dissection and characterization of a Solanum lycopersicum pin1 mutant to understand developmental and cellular differentiation patterns in plants.
Ciera C. Martinez, University of California, Davis (Neelima Sinha Lab)
2015/04/17 Metabolic phenotype of Escherichia coli adapted for fast growth on glycerol
Dr. Martin Robert (Tohoku University)
2015/04/09 Mechanisms of epigenetic silencing and anti-silencing in Arabidopsis
Dr. Jian-Kang Zhu(Shanghai Center for Plant Stress Biology, Chinese Academy of Sciences, and Department of Horticulture and Landscape Architecture, Purdue University)

2015年03月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/03/26 ヒメツリガネゴケを用いた微小管形成機構とキネシン機能の研究
五島剛太教授(名古屋大学大学院理学系研究科)
2015/03/25 Nature Plants, a new journal from Nature Publishing Group
Dr. Anna Armstrong(Senior Editor, Nature Plants)
2015/03/23 Next-generation sequencing and re-annotation of the parental strains Escherichia coli K-12 BW25113 and BW38028 used to construct the Keio and bar-coded single-gene deletion collections
Dr. Barry L. Wanner(Dept Microbiology and Immunobiology, Harvard Medical School)
2015/03/23 Genome-wide synthetic biology: from pathways to genomes
Dr. Marc Güell(HFSP Research Fellow, Dr. Church's laboratory, Harvard Medical School)

2015年02月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/02/23 ゲノム編集技術を用いたヒト疾患モデルiPS細胞の創製と次世代技術の開発
鈴木 啓一郎 博士(米国ソーク生物学研究所 リサーチアソシエイト)
2015/02/20 中枢神経系のパターン形成と神経前駆細胞の内因的分子機構
笹井 紀明 博士(ロンドン大学眼科学研究所 リサーチアソシエイト)
2015/02/19 Wntシグナルによる細胞応答の制御機構 (Molecular Mechanism of the Regulation of Cellular Responses by Wnt Signal)
山本 英樹 博士(大阪大学大学院 医学系研究科分子病態生化学)
2015/02/18 細胞の協調的な振る舞いを利用した器官形成メカニズム
松井 貴輝 博士(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 助教)
2015/02/13 “分子から神経回路、そして行動へ” 総合的なアプローチと光を用いた記憶研究
小原 圭吾 博士(マサチューセッツ工科大学ピコワー研究所 リサーチサイエンティスト)
2015/02/12 ヒト体細胞核初期化の分子機構
高橋 和利 博士(京都大学 iPS細胞研究所 初期化機構研究部門 講師/主任研究者)
2015/02/10 シャジクモCharabrauniiのゲノム解読
西山 智明 博士(金沢大学学際科学実験センター ゲノム機能解析分野 助教)
2015/02/10 花の形成を制御する遺伝子ネットワーク
山口 暢俊 博士(ペンシルバニア大学 生物学科 ドリスワグナー研究室 日本学術振興会 海外特別研究員)

2015年01月 開催セミナー

開催日時 講演者・講演タイトル
2015/01/26 The tissue culture art project
Dr. Oron Catts(The director of SymbioticA, the Biological Arts, within the School of Anatomy and Human Biology, The University of Western Australia.)
2015/01/21 イネの生殖lincRNAを介したsmall RNA生合成経路
小宮 怜奈 博士 (沖縄科学技術大学院大学 サイエンス・テクノロジーグループ)
2015/01/09 遺伝子組換え動物を用いたエピジェネティクス研究  –X染色体不活性化をモデルとして–
小林 慎 博士(東京医科歯科大学 難治疾患研究所 MTTプログラム特任講師)
2015/01/08 Adhesive and Cytoskeletal Control of Dendrite Development and Stability
Professor Anthony J. Koleske(Yale University)