イベント・ニュース

「2017春のバイオ塾」を開催しました。

バイオサイエンス研究科では2017年2月23日~24日に2017春のバイオ塾(大学生インターンシップ)を開催いたしました。全国の大学から46名が集まり、2つの研究室滞在をとおして、実際研究室で行われている研究を体験し、研究室の教員や学生とも交流を深めました。また、2つの模擬授業にも参加し、大学院でどのように専門的な授業が行われているかを体験しました。初日には、本研究科の教員と学生との交流会も開催され、タイトなスケジュールの中、有意義な2日間を過ごしました。 参加者同士の交流もあり、皆さんの明るい表情がとても印象的でした。

参加者の皆さんから、たくさんのコメントをいただきました。

・実験と体験した後、ラボの先生、学生との座談会で入試までに必要なこと、大学院を選択する上で大切なことを聞くことができた。
・学部ではわからない、考えられない発想を知る事ができてよかった。
・ラボミーティングにも参加でき、実際の雰囲気を体験できて良かった。予定になかったことでも「あれをやってみたい」という要望に応えてもらえて教えてもらえた。
・先端大を知る事ができた。先生方や先輩方の研究にたいする姿勢を見て、自分の将来について考えを深めることができた。
・模擬授業での内容は知らないことが多く、新たに興味を持つことができた。説明がとてもわかりやすかった。
・HP等や外側からでは得られないラボや学校のことについて知る事が出来、とても良い経験だった。
・先生方や先輩方が的外れな回答であっても嫌な顔せず対応して下さり、こちらも発言しようという意欲がわくような対応に感動した。

ご参加いただいた皆さん、2日間おつかれさまでした。遠方からもご参加いただきありがとうございました!


(2017年02月27日掲載)

一覧へ戻る