植物細胞機能(橋本研究室)植物細胞機能研究室

English
contents ▼

植物科学シンポジウム2015

シンポジウムは終了いたしました。

 

要旨をご覧いただけます。→こちら

 

 

 

植物科学シンポジウム2015

「ラボとフィールドを結ぶ植物科学」

 

日時:平成27年12月2日(水)10:00~17:30

場所:東大弥生講堂 一条ホール  

   

主催:大学植物科学研究者ネットワーク、理化学研究所環境資源科学研究センター、農業生物資源研究所、産業技術総合研究所、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科

 

プログラム

10:00 開会挨拶 橋本  隆(奈良先端大)

 

10:05-11::45 「植物科学の動向」

 

講演者

・田畑 哲之(かずさDNA研):環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出

・二宮 正士(東大):情報科学でデザインする持続的作物生産

・鈴木 睦昭(遺伝研):海外遺伝資源のABS(アクセスと利益配分)に関する現状報告

・江面  浩(筑波大):ゲノム編集技術を使って農作物をデザインする

・福田 裕穂(東大):NC-CARPの成果と今後

 

休憩

 

13:15-14:15「植物科学の最前線」

 

・木下 俊則(名古屋大):気孔開閉のシグナル伝達と気孔開度制御

・沈  建仁(岡山大学):タンパク質の原子構造に基づく光合成の機能解明

 

14:15-16:15「ラボからフィールドへ」

 

・堤  伸浩(東大):ソルガムのテーラーメイド育種とGWA解析

・持田 恵一(理研):草本モデル植物から作物への研究展開

・井澤  毅(農業生物資源研究所):遺伝子発現データを基にした「作物の健康診断」を目指して

・内藤  健(農業生物資源研究所):ゲノミクスが解き明かすVigna属野生種の限界環境適応性

 

休憩

 

16:30-17:30 各省庁の取り組み

 

文部科学省、農林水産省、経済産業省

 

17:30 閉会挨拶 篠崎一雄(理化学研究所)

18:00-19:30 懇親会

 

 

 

 

 

お問合せ 〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科内 植物科学シンポジウム運営事務局

e-mail:satomi-y@bs.naist.jp

 

Page Top