教育カリキュラム

教育目的

バイオサイエンス研究科では、分子・細胞レベルの最先端の手法を駆使して、多様な生物現象を解明するための基礎研究を推進するとともに、生体機能、生体物質、生体情報の活用に関する研究開発に携わる人材を組織的に養成します。

博士前期課程では、企業などにおいて活躍する際に重要となる幅広い知識、高度な基礎学力、優れたプレゼンテーションやコミュニケーション能力、語学力と倫理感を持った人材を育てます。

また、博士後期課程では、問題を自ら発見し、研究計画を立案し、解決でき、発表できる能力を習得させ、先端研究を支える研究者・教育者・高度専門職業人、幅広い知識と想像力を持って研究成果を実用化する能力を持つ人材、社会の要請にあった新しい分野の研究企画・開発ができる人材を育成します。