教育カリキュラム

バイオエキスパートコース

教育目標

入学者の多様な進路希望に合った弾力的な教育を目指します。特に、将来、企業において活躍する際に重要となるバイオサイエンスに関連する幅広い知識の習得、実用的な科学英語能力の向上、プレゼンテーションやコミュニケーション能力の向上などに重点をおきます。また、産業活動・社会活動における科学技術の問題点やあるべき姿を考察する能力や倫理観を養成します。

コースの選択

2年間の修士課程(博士前期課程)の修了後、企業等への就職や他大学院等への進学を希望する学生は本コースを選択します。このコースでは、研究実験(自分自身の研究成果を基にした修士論文をまとめる)か、あるいは課題研究(報告されている論文、資料、データなどをまとめた課題論文を作成する)により、コースを修了することができます。

本コースから本学博士後期課程へ進学することもできます

コースの特色

1. 討議を中心とした講義と演習

教員が一方的に話すのではなく、学生が指定された課題に取り組み、学生同士での発表と質疑を通じて学習した内容の理解を深め、発表力、コミュニケーション力の育成を行います。

2. 英語教育の充実

前期課程中に3回のTOEIC英語試験を受験し、各自の英語能力を把握・点検します。各自の英語習熟度に合わせて継続的に英語学習に取り組み、実践的な英語能力の向上を図ります。

3. キャリア形成の支援

修了後に企業などで研究開発に取り組むためには博士前期課程でどのような知識と能力を習得すべきかを理解するため、研究開発に携わる企業人による特論講義と企業の活動を実際に体験する演習プログラムを実施します。

カリキュラムの概要

1. 1年次の基礎的な専門教育 (必修)

講義では、細かな知識を教員が一方的に話すのではなく、生物学の理解に必要な基本的な概念を説明し、講義中の学生同士のディスカッションを通じて、最も重要な概念を理解させることを目指します。演習形式の講義では、学生を小グループに分け、発表と討論を通じて自らが学ぶ習慣を身に付けながら基礎的専門知識を習得していきます。

2. キャリア形成の促進と先端的な専門教育 (選択)

キャリア形成の促進を目的として、企業人によるバイオテクノロジー研究の講義のほか、演習として、実際に企業を訪問し調査して、企業で活躍するための素養や基礎知識がどのようなのもであるか学ぶ科目が用意されています。
特論講義では、分子生物学と細胞生物学の幅広い分野の最新の成果を紹介します。また、知的財産やバイオインフォマティックスなど融合領域の講義を用意しています。

3. 英語教育 (必修、選択)

TOEIC IPテスト 入学時、2年次進学時の1月および2年次の1月の計3回 TOEIC IPテストを行い、定期的に英語能力のチェックを行います。
実践キャリア英語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
(必修)
ビジネス英語とTOEICの対策に主眼をおいた科目です。4段階の能力別クラス編成で、きめ細やかな指導をします。また、博士前期課程の2年間を通してⅠ、Ⅱ、Ⅲと段階的にレベルアップを図ることが出来るよう設計されています。
コミュニケーションのための発音とリズム
(選択:秋学期)
「伝わる英語」を目的として英語の発声法を学習します。

4. 社会生命科学 (必修)

社会と科学とのかかわりを広い観点から学ぶと共に、倫理学の概説と生命倫理および科学倫理の諸問題について整理します。